『かわいい』が生まれる場所。

【iPhone】Safariのトップヒットを完全に非表示にする方法!

【iPhone】Safariのトップヒットを完全に非表示にする方法!

Safariの検索バーに文字を入力すると、「トップヒット」としてサイトが自動的に表示されることがあります。

トップヒットとは、ブックマークや閲覧履歴などの情報に基づいてサイトの検索候補を表示してくれる便利な機能です。

しかし、目的ではないサイトや人には見られたくないサイトがヒットしてしまう場合もあるので、表示されないように設定したいと思っている方も多いようです。

今回は、トップヒットの基本や非表示にする方法について解説していきます!

Contents[OPEN]

【iPhone】Safariのトップヒットとは?基本をおさらい!

まずは、Safariの「トップヒット」という機能の基本についておさらいしていきましょう!

Safariで検索をするとサイトの検索候補が表示される

iPhoneの標準ブラウザ「Safari」の画面上部にある検索バーに文字を入力すると、検索バーの下に「トップヒット」が表示されることがあります。

Safariで検索をするとサイトの検索候補が表示される

「トップヒット」にはサイトの検索候補が表示されますが、そのサイト名をタップすれば一発でサイトにアクセスできます。

トップヒットは検索バーに全ての文字を入力するまでに検索候補を表示してくれるので、閲覧しようと思っていたサイトが表示された時は検索の手間は省けて便利です。

しかし、家族や友達など誰かと一緒に検索しようとした時、あまり人には見られたくないサイトが表示されて気まずい思いをしてしまう可能性もあるので注意が必要です。

ブックマーク・閲覧履歴の情報から表示される

Safariの検索バーに文字入力するとトップヒットとしてサイトが表示されますが、これはブックマークや閲覧履歴などの情報に基づいて表示しています。

例えば、「APPTOPI」をブックマークに登録していた、もしくは「APPTOPI」が閲覧履歴に残っていた場合、検索バーに「A」と入力しただけで、トップヒットとして「APPTOPI」が表示される可能性が高くなります。

【iPhone】Safariのトップヒットを非表示にする方法

Safariの検索バーに文字を入力するだけでサイトの検索候補を自動的に表示してくれる「トップヒット」ですが、これを表示させないように設定することは可能なのでしょうか?

完全に非表示にする方法は存在しない!

Safariでキーワードを入力している時に表示される「トップヒット」ですが、中には、このトップヒットが絶対に表示されないように設定したい!と思っている方もいるでしょう。

しかし、トップヒットを完全に非表示にする方法は、現段階では残念ながら存在していません。

「トップヒットを事前に読み込む」という設定をオフにすれば非表示になる、と説明しているサイトもいくつかありますが、この設定をオフにしてもトップヒットは表示されてしまいます。

トップヒットを完全に非表示にする方法は存在しない!

この設定をオンにしておくと、トップヒットとして表示されたサイトのデータが検索時に読み込まれるので、サイトを開いた時にページがスムーズに表示されるようになります。

しかし、その分データ通信量やバッテリーを消耗しやすくなるので、消耗を抑えたい場合はこの設定をオフにするのが有効ですが、トップヒットそのものは完全に非表示にすることはできないので注意して下さい。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。