スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】Safariのトップヒットを完全に非表示にする方法!

【iPhone】Safariのトップヒットを完全に非表示にする方法!

Contents[OPEN]

【iPhone】Safariのトップヒットを非表示にしたい!困ったときは

Safariのトップヒットを部分的に非表示にするには、閲覧履歴を削除するか、履歴を残さないようにプライベートブラウズを使うのが有効な対処法です。

ですが、なぜか「消去」や「プライベート」のボタンがグレーアウトしていて閲覧履歴が削除できない、プライベートブラウズが使えないことがあります。ここでは、その場合の対処法について解説していきます。

履歴が削除できない・プライベートブラウズが使えない!なぜ?

「消去」がタップできなくて閲覧履歴が削除できない、「プライベート」がタップできなくてプライベートブラウズが使えないのは、「スクリーンタイム」(iOS 11以前の場合は「機能制限」)が原因です。

スクリーンタイムでは、「Webコンテンツ」内で以下の項目にチェックが入っていると、閲覧履歴の削除やプライベートブラウズの起動ができなくなります。

履歴が削除できない・プライベートブラウズが使えない!なぜ?

  • 成人向けWebサイトを制限
  • 許可されたWebサイトのみ

そのため、閲覧履歴が削除できない、プライベートブラウズが使えない場合は、スクリーンタイムの設定を見直してみましょう。

【iOS 12以降】スクリーンタイムの設定を見直す

iOS 12以降の機種をお使いの方は、以下の手順で「スクリーンタイム」の設定を変更して下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「スクリーンタイム」をタップ。
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ。
  4. 「コンテンツ制限」をタップ。
  5. 「Webコンテンツ」をタップ。
  6. 「無制限アクセス」にチェックを入れる。

これで設定完了です。

それか「コンテンツとプライバシーの制限」自体をオフにしてしまっても大丈夫です。

【iOS 11以降】機能制限を見直す

iOS 11以前の機種をお使いの方は、以下の手順で「機能制限」の設定を変更して下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「一般」をタップ。
  3. 「機能制限」をタップ。
  4. 機能制限用のパスコードを入力。
  5. 「Webサイト」をタップ。
  6. 「すべてのWebサイト」にチェックを入れる。

これで設定完了です。

設定を変更しても直らないときの対処法

スクリーンタイム・機能制限の設定を変更したのに閲覧履歴が削除できない・プライベートブラウズが使えない場合は、以下の2つの対処法を試してみて下さい。

  • iPhoneを再起動する
  • iOSを最新版にアップデート

では、以上の2つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

iPhoneを再起動する

iPhoneの一時的な不具合によって、設定が正常に反映されてない場合があるので、まずはiPhoneを再起動してから設定し直して下さい。

iPhone X以降の場合

  1. 端末の側面にある片方の音量調節ボタンとサイドボタンを同時に長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iPhone SE(第2世代)、8、7、6の場合

  1. 端末の側面にあるサイドボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、サイドボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、サイドボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iPhone SE(第1世代)、5以前の場合

  1. 端末の上部にあるトップボタンを長押しする。
  2. 「スライドで電源オフ」のスライダを左から右へ動かして電源を切る。
  3. 電源が切れたら、トップボタンを長押しする。
  4. Appleのロゴが表示されたら、トップボタンから指を離す。

参照:Appleサポート

iOSを最新版にアップデート

iOSのバージョンが古い場合は、最新版にアップデートしてからスクリーンタイムの設定を見直してみて下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「一般」をタップ。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  4. 「今すぐインストール」をタップ。
  5. 「利用条件」が表示された場合は、画面右下の「同意する」をタップ。
  6. アップデートに必要なファイルのダウンロードが終わったら、「インストール」をタップ。
  7. パスコードの入力を求められた場合は、iPhoneのパスコードを入力。

参照:Appleサポート

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。