スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】SafariからWebサイトの画像を保存する方法

【iPhone】SafariからWebサイトの画像を保存する方法

綺麗な写真やお気に入りの画像は、できれば本体に保存して、いつでも見られる状態にしておきたいですよね。

今回の記事では、iPhoneを使ってSafariからWebサイトの画像を保存する方法について解説していきます。

iPhoneユーザーであればすでに利用したことがある方も多いと思いますが、「使い始めたばかりの方」や「もう1度確認しておきたい方」はぜひチェックしてみてください!

【iPhone】SafariからWebサイトの画像を保存したい!《基本知識》

まずは、SafariからWebサイトの画像を保存する際の《基本知識》について確認していきましょう。

保存操作をする前にiPhone本体の設定を確認しておく必要もあるので、これからご紹介する基本知識はしっかり覚えておいてくださいね。

iOSのバージョンによって保存方法が異なる

iPhoneの場合、SafariからWebサイトの画像を保存する操作方法はiOSのバージョンによって少し違うので、まずは自分の端末がどのバージョンを利用しているのか確認しておく必要があるでしょう。

確認したい場合は、まず本体設定の「一般」を開いてください。

一般

次に、「情報」を押すと「システムバージョン」が表示され、そこに記載されている数字が現在利用しているiOSのバージョンになります。

情報

システムバージョン

端末によってはサポートが終了しており、バージョンアップできないものもあるので、事前に確認しておきましょう。

Safari以外のアプリで保存する場合は設定が必要

ブラウザはSafari以外にもたくさんあり、Safari以外のアプリにある画像を保存する場合には、それぞれに合った設定が必要な場合もあります。

また、画像を載せている相手が設定で保存できないようにしている可能性もあり、その場合には設定変更してもらわない限り保存することはできないので注意しましょう。

【iPhone】SafariからWebサイトの画像を保存する方法

では、SafariからWebサイトの画像を保存する方法について確認していきましょう。

初めにお話ししましたが、iOSのバージョンによって操作方法が異なるので、今使っているiPhoneのバージョンを確認し、それに合った操作方法を試してみてくださいね。

【iOS 10以降】画像の保存方法は2種類ある

ネット上にある画像には、「リンクあり」と「リンクなし」のものがあり、画像をタップしたときに違うページが表示されるものは「あり」で、違うページが表示されないものが「なし」です。

どちらの設定になっているのかによっても保存のやり方が違うので注意しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。