スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】ボイスメモを編集するには?トリミングや再録音の方法!

【iPhone】ボイスメモを編集するには?トリミングや再録音の方法!

iPhoneの「ボイスメモ」機能をご存知ですか?

なかなか使いこなせていない方もいるかと思いますが、使ってみるととても便利な機能だということに気づきます。

今回は、そんなiPhoneの「ボイスメモ」についてご説明していきたいと思います!

【iPhone】ボイスメモって編集できるの?

「ボイスメモ」とは、会話を簡単に録音できるiPhoneのアプリです。

さっそく説明していきます!

ボイスメモってどんなアプリ?

「ボイスメモ」アプリは、すべてのiPhoneに標準インストールされており、iPhoneに搭載されているマイクを使って、会話などの音声を簡単に録音できる便利なアプリです。

iPhoneの「ボイスメモ」アプリの優れた点は、操作がシンプルで誰でも利用でき、録音時間の上限が設けられていないことが挙げられます。

iPhoneの内部ストレージの空き容量がなくなるまで録音し続けることができます。

一般的には、iPhoneのストレージに1GBの空き容量があれば約37時間の録音が行えます。

ボイスメモは編集ツールで微調整できる!

iPhoneの「ボイスメモ」は音声の録音しかできない単純なアプリではありません。

録音データの編集も行える優れものです。

例えば、大学の講義を録音していた場合、重要な点だけを凝縮して保存すればピンポイントで内容をピックアップして学習できます。

「ボイスメモリ」は録音した後に不要な部分をカットして必要な部分だけをつなぎ合わせる機能や、必要なわずかな部分だけをキープしてあとはすべて削除する機能も付いているので大変便利です。

【iPhone】ボイスメモの編集方法

iPhoneの「ボイスメモ」アプリさえあれば必要なタスクをすべて行えるので、録音レコーダーを購入する必要がありません。

iPhoneを使っている人なら、是非操作方法をマスターして使いこなしたいものです。

録音をする方法はとても簡単です。

アプリを開くと赤い「録音」ボタンがあるのでそれを押せば録音が始まります。停止したければもう一度「録音」ボタンを押せば停止します。

録音データの編集も簡単に行えます。これから操作方法を詳しく説明していきます。

ファイル名を編集する

最初に紹介するのは、録音されたデータのファイル名を変更する操作方法です。

「ボイスメモ」で録音したデータファイルは、自動的にファイル名が割り当てられます。

ただし、編集をしなければすべての録音データのファイル名は同じになってしまい区別が付きにくいので、ファイル名の編集方法を理解することは重要です。

「ボイスメモ」アプリは「Entras」というフォルダに入っています。

Entras

「ボイスメモ」が開いたら録音データをすべて表示させたいので「すべての録音」をタップしましょう。

すべての録音

録音データがすべて一覧になって表示されているので、ファイル名を変更したい録音データを選びタップします。

録音データの選択

ファイル名を軽くタップします。

タップ

ファイル名が範囲指定されるので、キーボードにある「×」を押してファイル名を消しましょう。

消去

ファイル名を入力したら、キーボードにある「改行」キーを押します。

改行キー

編集したファイル名が保存されました。

完了

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。