スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】何度電話をかけても「話し中」になる原因は?対処法も

【iPhone】何度電話をかけても「話し中」になる原因は?対処法も

iphoneで電話するとき、何度かけても「通話中」となってしまうことはありませんか?

今回は、iPhoneで「通話中」と表示される原因と対処法をご紹介します!


【iPhone】何度電話をかけても「話し中」になる原因は?

iphoneで何度電話をかけても「話し中」になるのはなぜでしょうか?

相手から着信拒否されている

着信拒否

ずっと話し中なのはさすがにおかしい!まさか着信拒否されたの?という不安が思い浮かびますよね。

その通り、あなたの番号が着信拒否されてしまったら、解除されない限りずっと通話はできません。

でも、まだそうとは断定できません。

電話を受けた側のiPhoneが圏外にいたり電源を切れていたら、その旨の自動音声が聞こえてくるので違うとわかります。

しかし、日にちをかえ時間をかえたりしてずっと電話をしてみても、毎回コールさえせず「プープー」という音しかしなかったら、着信拒否されている可能性があります。

相手が電話に出られないため拒否ボタンを押した

拒否

スマホに着信があってすぐ拒否ボタンをタップすると、「プープー」と話し中のコールが鳴ります。

電車の中や仕事中など電話で話せない情況のとき、相手がスマホの画面の赤い受話器のマークの拒否ボタンをタップすると話し中となり、留守番電話サービスの契約をしていれば留守電へと転送されます。

拒否ボタンをタップするタイミングが遅いと、「プルルル」という呼び出し音がなったあと「プープー」と切断されるので、その状況なら拒否ボタンをタップしていると考えられます。

相手のスマホが「おやすみモード」になっている

おやすみモード画面

電話を受けたスマホが「おやすみモード」の設定になっている間に、かかってきた電話は話し中となります。

通知音や着信音が鳴らない機能を使った「おやすみモード」のときは、電話がかかってきても呼び出し音もならず、話し中の応答をします。

iPhoneは着信音や通知音は鳴らないので、着信が受けた側は電話がかかってきたことに気がつかず、おやすみモードがオフになるまで電話は話し中の状態が続きます。

もし気になるなら、電話を受けた側と話す機会があったときに「おやすみモード」を使っているかそれとなく聞いてみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。