『かわいい』が生まれる場所。

【iTunes】音楽ファイルはどこへ?保存先の確認・変更方法を解説

【iTunes】音楽ファイルはどこへ?保存先の確認・変更方法を解説

iTunesは、ファイルの再生はもちろん、iPhoneへの曲の転送などさまざまなシーンで活用される便利なソフトです。

そんなiTunesを使っていてふと疑問に思うのが、「音楽ファイルはどこに保存されているのか」ということです。

そこで今回は、iTunesの音楽ファイルがどこに保存されているのかについて解説していきます!

保存先の確認はもちろん保存先の変更方法もご紹介していくので、容量が圧迫されて悩んでいる人などはぜひ参考にしてみてください。

【iTunes】音楽ファイルの保存先を確認する方法

ここからは、iTunesに反映させた音楽ファイルがどこに保存されているのかを確認する方法について見ていきます。

保存先を変更する前に覚えておきたいことなので、ぜひチェックしてみてください。

デフォルトではCドライブに保存される

iTunesの設定をいじっていなければ、音楽ファイルはCドライブに保存されています。

Cドライブは、Windowsのシステムファイルなどがある大切なドライブです。

アプリやソフトウェアをインストールする場合も、多くの場合がデフォルトでCドライブにインストールされます。

また、Windowsの場合はiTunesに限らず、大半のソフトのインストール先はCドライブです。

そして、インストールしたソフトやアプリの関連ファイルもCドライブにあることがほとんどでしょう。

ソフトやゲームをインストールした際は、ファイルやフォルダがどこに保存されているのかを確認してみましょう。

保存先の確認手順

デフォルトではCドライブに保存されているのは理解できたけど、設定をいじったかどうかも覚えていないので現在の保存先を知りたいという人もいるでしょう。

ここからは、保存先の確認手順について順番に見ていきます。

まずiTunesを開き上部メニューの「編集」を選んでください。

メニューの場所

次に「環境設定」をクリックします

環境設定の位置

すると環境設定画面が表示されるので「詳細」をクリックします。ここではiTunesの挙動などの詳細が設定可能です。その中に「iTunesメディアフォルダの場所」というものがあります。

保存フォルダのアドレス

ここに表示されているアドレスが、iTunesの音楽ファイルの保存場所です。

アドレスの右側にある「変更」を押すと保存先を変更できます。

また、「リセット」を押すとデフォルトのアドレスに戻せるので、意図しない場所に変更してしまった場合などに使っていきましょう。

【iTunes】特定音楽ファイルの保存先を確認する方法

iTunesで再生している音楽ファイルが、すべてiTunesメディアフォルダに保存されているとは限りません。

外付けHDDなど、別の場所に音楽ファイルが保存されている場合もあります。

ここからは特定の音楽ファイルの保存先を確認する方法について見ていくので、音楽ファイルをどこに保存したのか忘れてしまった場合などに活用してみてください。

曲のプロパティから確認できる

iTunesに表示されている音楽ファイルの場所を確認する1つ目の方法は、直接ファイルのプロパティを覗くことです。

フォルダに移動してファイルを右クリック、そしてプロパティを選択します。

プロパティの詳細

「全般」や「セキュリティ」などのタブの中から「詳細」に移動、その一番下に「フォルダーのパス」という項目が曲の保存場所です。

プロパティからパスを知る

こちらの方法は、直接保存場所にアクセスして行うものとなります。なので、アドレスを直接入力したい場合などに有効な確認方法です。当然どこに保存したのか忘れてしまった場合などには使えませんので、その場合はiTunesなど音楽プレーヤーを利用して確認することになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。