『かわいい』が生まれる場所。

【iPhoneマップ】3Dのやり方・できないときの対処方法を解説!

【iPhoneマップ】3Dのやり方・できないときの対処方法を解説!

旅行の下調べや待ち合わせ場所の位置確認などに便利なアプリ「マップ」。

iPhoneに標準でインストールされているアプリで、利用している人も多いのではないでしょうか。

マップアプリを便利に使いこなしたい人におすすめなのが「3D」表示機能。3Dに表示させれば、平面で見るよりも街の様子をイメージしやすくなります。

今回は、マップアプリで3Dに表示させる方法を紹介します。

表示できないときの対処法もあわせて解説しているので、ぜひ参考にしてください。

【iPhoneマップ】3Dとは?

iPhoneマップで利用できる3D機能とは、どんな機能なのか。

ここでは、以下の内容を紹介します。

  • 平面地図が立体的に表示されること
  • 航空写真や標準マップから切り替えられる

それでは、詳しく見ていきましょう。

平面地図が立体的に表示されること

iPhoneのマップアプリでは、平面だけではなく立体的に表示させることが可能です。

3Dに表示させれば、建物の高さや広さ、形などがわかります。

例えば、東京スカイツリーの場合。

通常通りにマップアプリで検索すると、下の画像のように平面に表示されます。

東京スカイツリー

ここで3Dに表示を変えると、

東京スカイツリー

このように、東京スカイツリーを立体的に眺められます。

平面で見るよりも、立体的に見る方がよりイメージしやすくなります。

航空写真や標準マップから切り替えられる

立体的に表示させるだけではなく、航空写真に切り替えることも可能です。

東京スカイツリーを航空写真に切り替えると、下の画像のようになります。

東京スカイツリー

このように、東京スカイツリーを実際に写真で見ることができます。

他にも、お寺やでデパート、駅など、さまざまな建物を3Dに表示させられるので、色んな観光地を巡っている感覚で楽しむことができますよ。

ちなみに、航空写真に表示させる機能は、日本だけではなく、海外にも対応しています。

世界各国の主要都市(東京、ニューヨーク、ロサンゼルス、シドニー、パリ、ロンドン、バルセロナなど)はもちろん、山や海など地形も写真で見られます。

【iPhoneマップ】3Dのやり方・2Dに戻す方法《航空写真から》

ここでは、東京スカイツリーを例に、航空写真を3Dで表示する方法を紹介します。

  • 手順①アプリを起動する
  • 手順②「航空写真」表示にする
  • 手順③「3D」アイコンを選択する

それでは、詳しく見ていきましょう。

手順①アプリを起動する

マップアプリを起動し、画面下部の検索バーに「東京スカイツリー」と入力して検索します。

すると、東京スカイツリーまで画面が移動します。この状態で、右上の「i」アイコンをタップします。

3Dのやり方・2Dに戻す方法《航空写真から》

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。