スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Earthの使い方!PC操作の目玉はショートカット!

Google Earthの使い方!PC操作の目玉はショートカット!

現地への移動を伴わず、パスポートやビザがなくても海外旅行が楽しめる「オンライン旅行」というサービスが人気を呼んでいます。

その筆頭にあげられるのがGoogle earthの「Voyager」という機能です。

スマホにGoogle Earthのアプリをインストールすれば、各国の観光スポットや人気スポット、また映画のロケ地などをバーチャルで訪れることができます。

Web版のGoogle Earthには、アプリにはない魅力がたくさんあります。

この記事ではまだよく知られていないWebブラウザ版Google Earthの魅力について解説します。


【Web版】Google Earthの使い方!PC操作がおすすめの理由

衛星写真を地球儀を回しているかのように閲覧できるのが、バーチャル地球儀システムであるGoogle Earthの魅力です。

政治的な理由で国内の様子を伝える報道が限られている地域でも、Google Earthを使えばある程度の様子を垣間見ることができるため、Google Earthの精度の高さに多くの人が驚嘆しました。

その後スマホ専用のGoogle Earthアプリが登場し、BBC Earth、NASA、ナショナル・ジオグラフィックなどが提供するガイドツアーを集めた「Voyager」機能が反響を呼びました。

スマホで閲覧できる便利さからスマホアプリを好むユーザーが多く、どこか忘れ去られてしまった感があるWeb版Google Earthですが、ここからはアプリにはないブラウザならではの2つの魅力を紹介していきます。

理由①ブラウザを選ばない!Chrome以外のブラウザはこれ

1つ目の魅力は、いろいろなWebブラウザで利用できることです。

Google Earthはリリース当初は、Google社が提供するGoogle Chromeでしか利用できませんでした。

しかし2020年2月27日にGoogleはWeb版Google EarthをFirefox、Microsoft Edge、Operaでも利用できるようになったと発表しました。

そのあと、少し遅れてSafariにも対応されています。

これで、ほぼすべてのWebブラウザでGoogle Earthが利用可能ということです。

理由②ショートカットが使える

Web版Google Earthのもう1つの魅力は、ショートカットキーを利用して3Dビューアの操作が行えることです。

マウスだけの操作だと思うようにいかないことがありますが、ショートカットキーを使えばピンポイントで希望する操作が行えるためとても便利です。

これは便利!キーボードのショートカット一覧

以下に使用可能なショートカットキーをまとめて記載します。

Windows・Linux Mac
左へ移動(←) 左へ移動(←)
右へ移動(→) 右へ移動(→)
上に移動(↑) 上に移動(↑)
下に移動(↓) 下に移動(↓)
時計回りに回転(Shift+ ←) 時計回りに回転(Shift+ ←)
反時計回りに回転(Shift+ →) 反時計回りに回転(Shift+ →)
上に傾斜(Shift+クリック+下にドラッグ) 上に傾斜(Shift+ ↓)
下に傾斜(Shift+ ↑、またはShift+クリック+上にドラッグ) 下に傾斜(Shift+ ↑)
一人称視点での表示(Shift+クリック+ドラッグ) 一人称視点での表示(⌘+クリック+ドラッグ)
ズームイン(+) ズームイン(+)
ズームアウト(-) ズームアウト(-)
ズーム後に自動傾斜(右クリック+上下にドラッグ) ズーム後に自動傾斜(Ctrl+クリック+上下にドラッグ)
現在の動作を停止(Space) 現在の動作を停止(Space)
真北を上にする(N) 真北を上にする(N)
真上から見下ろす傾斜にする(U) 真上から見下ろす傾斜にする(U)
地球を中央に配置(R) 地球を中央に配置(R)
概観マップを表示または非表示(Ctrl+M) 概観マップを表示または非表示(⌥⇧⌘+M)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。