スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】スクリーンタイムのパスコードを忘れた!対処法は?

【iPhone】スクリーンタイムのパスコードを忘れた!対処法は?

iPhoneやiPadなどのApple製品には、端末をどれくらいの時間、何に使ったかをデータとしてまとめてくれる「スクリーンタイム」という機能があります。

スクリーンタイムを活用すれば、端末の使い方を見直せたり制限できたりするので大変便利です。

スクリーンタイムにはパスコードが設定可能で、それにより細かい設定・変更が行えます。

ただし、端末本体のパスコードとは異なるため、管理には気を付けなければいけません。

そこで今回は、スクリーンタイム・パスコードの基本情報についておさらいするとともに、忘れた場合の対処方法・忘れないための対策について解説します。

【iPhone】スクリーンタイム・パスコードとは?基本をおさらい!

まず、スクリーンタイムとはどのような機能のことなのか、そしてパスコードがどのような役割をなすのかについておさらいしていきましょう。

スクリーンタイムとは?

スマホやタブレットは手軽に触れるものなので、気づいたら長い時間使っていたという経験がある人も多いのではないでしょうか。

ですが、自分がスマホやタブレットを1日にどれくらいの時間使っているのかを把握している人は意外に少ないようです。

そんな時に活躍するのがスクリーンタイムです。

端末がどのような使い方をされているのかがデータ化されたもので、使用時間の合計はもちろん、どの時間帯にどれくらい使っているかなどがグラフで表示されていて見やすいんです。

自分の使用状況を把握すれば今後の使用の仕方を改善しやすく、使い過ぎていると感じた場合には、端末の使用に制限をかけることも可能です。

大人はもちろんですが、子どもの使い過ぎ防止のために、iPhoneやiPadの使用時間を管理・制限できるという点においても魅力的と言えるでしょう。

パスコードはなぜ必要なの?

設定内容には、端末の使用制限などの制限に関わるものがあるため、簡単に変えられないようにパスコードが設定できます。

また、子どもに不適切なサイトを表示させないようにするなど、子ども向けの設定をすることも可能です。

この設定については保護者が行うため、子どもが端末を触った時に勝手に設定が変更できないようにするためにもパスコードが設定されているのです。

iOS 11以前の「機能制限パスコード」=「スクリーンタイムパスコード」

iOS 11以前の端末にはスクリーンタイムの機能はなく、「機能制限」という項目がありました。

これはどちらかと言えば子どもが使用する場合に役立つ機能のことです。

子どもが不適切なサイトにアクセスするのを防いだり、特定のアプリを使えないようにしたりなどの制限が可能です。

これが、iOS 12以降に新しく設けられた「スクリーンタイム」と統合され、今ではその中に、機能を制限できるような項目が入っています。

iOS 11の「機能制限」の際にも専用のパスコードの設定は可能だったので、この時に設定したものは、iOS 12以降でもスクリーンタイム・パスコードとして引き継がれています。

初めて使う時にパスコードの入力画面が出てきたら、それは、iOS 11以前に「機能制限」を利用していたということになります。

当時設定していた4桁の数字を入力すればOKです。

スクリーンタイム・パスコードの設定手順

iOS 12以降でスクリーンタイムを初めて使う場合は、パスコードの設定が必要です。

設定の方法や手順についてもチェックしておきましょう。

「設定」の中にある「スクリーンタイム」を開きます。

設定①

少し下にスクロールすると、下図のような設定項目があるのでそちらをタップします。

設定②

あとは、忘れないような4桁の数字を入力するだけ。

設定③

再確認のため2回入力する必要があるので、その際間違えないように気を付けましょう。また、もしも忘れてしまった時に復旧させるために、Apple IDも続けて入力してください。

設定④

これで設定は完了です。

設定以降は、各項目を変更しようとするたびに、パスコードの入力を求められるようになります。

子どもによる誤操作を防ぐためにも、子どもが分からないような数字の組み合わせにするなど、工夫をしておきましょう。

ファミリー共有の設定

13歳以下の子どもがいる場合、子ども用のアカウントを作ることが可能です。

アカウントを作っておけば、子どもがiPhoneやiPadを使用した際に子どもだけに使用の制限をかけられてとても便利ですよ。

子ども用アカウントにスクリーンタイムを設定する場合は、まず先ほどの設定画面の中にある「ファミリー」の項目の中から、該当の子どもの名前をタップしてください。

子ども用アカウント①

そしてスクリーンタイムをONにし、表示される設定項目を見ながら手順通りに先に進んでいきます。

子ども用アカウント②

使用できる項目や使用可能時間など、細かい設定が可能です。

一通りの設定を終えたら、最後にパスコードの入力画面が出てきます。

子どもが分からないような数字を入力して設定完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。