スマホで見つける、もっと可愛い私

【iMovie】保存先はどこ?場所は変えられる?にお答えします!

【iMovie】保存先はどこ?場所は変えられる?にお答えします!

簡単におしゃれな雰囲気の動画を作れるiMovieは、iPhoneとMacでファイルを共有できる優れものです。

オープニングに使えるエフェクトや、動画と動画のつなぎ目に挟むエフェクトなど、初心者でもかっこいい演出ができるようになっています。

無料で使えるBGMもいくつかセットされているため、簡単に動画が完成します!

動画ファイルはデータ量が大きくなるので、保存場所を把握しておいて他のメディアにも保存できるようになると快適に編集ができますよ。

今回は、iMovieで作った動画の保存場所について解説します。途中まで作った動画の場所が分からなくなってしまった、という場合の参考にもしてくださいね。

iMovieの保存先はどこ?

最初に、動画ファイルの格納場所について説明します。編集中の動画ファイルと、完成した動画ファイルは形式が異なる点にも注意しましょう。

デフォルトでは「Finder/ユーザー/ムービー/」の中

ト

iMovieで作成した動画ファイルには、基本的にはFinderからアクセスできます。

顔のようなアイコンのFinderを開き、「ユーザー」というフォルダを探しましょう。

「ユーザー」をクリックすると、PCを使っている人のユーザー名が出てくるので、動画を作った人のユーザー名を選択します。

ユーザー名を選択すると、アプリケーションやミュージックなどと並んで「ムービー」というフォルダがあるかと思います。この「ムービー」フォルダにiMovieで作った動画が順次格納される仕組みです。

編集中のデータは「iMovie ライブラリ.iMovielibrary」

ト

作成途中の動画ファイルは、上記の「ムービー」の中にある「iMovie ライブラリ.iMovielibrary」という場所にあります。編集を再開したいときには、ここにあるデータを使いましょう。

完成して書き出したデータは「iMovie Theater. theater」

ト

動画が完成すると、PCやスマホを使って再生できるように「書き出し」という作業をします。

書き出した後の動画ファイルは「ムービー」フォルダの中の、「iMovie Theater. theater」に入っているので探してみましょう!

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。