スマホで見つける、もっと可愛い私

急速充電のデメリットはあるの?安全に行う方法やコツを紹介するよ!

急速充電のデメリットはあるの?安全に行う方法やコツを紹介するよ!

「時間がない時にスマホの充電を速くしたい」「最近、急速充電を使い始めた」という人は結構いるのではないでしょうか?

急速充電を使うと、通常よりも充電時間を短縮ができるためとても便利です。その一方で、スマホへの影響など、デメリットがないか気になりますよね。

特に急速充電器はほとんどが純正ではないため、「充電にかかる時間が短くなるのは嬉しいけれど、端末機器に負担がかからないだろうか」と不安に思う人もいるはずです。

この記事では、そんな急速充電のデメリットや、安全に充電する方法や充電時間を短くするコツについて紹介していきます。

Contents[OPEN]

急速充電にデメリットはあるの?基本をおさらい!

「急速充電にはデメリットがある」という話を聞いたことはありませんか?。

ここ最近、急速充電器は種類も多く出回っていますが、安全に使えるかどうかに不安を感じる場合もあるでしょう。

まずは、急速充電とはどういうものなのかを説明していきます。

急速充電ってそもそもなに?

急速充電とは、通常の充電器よりも高い電圧や電流を流して、短時間で充電を完了させる充電方法です。

急速充電ができる充電器とケーブルを購入して使用するだけでできます。

充電にかかる時間を大幅に短縮してくれるので、日ごろから長時間かけて充電する時間がない人にはおすすめです。

急速充電と一般的な充電の違いは?

急速充電では、通常よりも供給電力の多い充電器を使うことで、充電スピードをアップします。充電にかかる時間は、通常の2分の1から4分の1程度です。

一般的な充電は、供給電力や電圧も低く、時間をかけて充電していきます。

「そんなに速いのなら、毎日使いたい」と思うかもしれませんが、ちょっと待って!急速充電器は使用する上で注意が必要です。

急速充電ができる条件は?

急速充電をするには、まず端末が急速充電に対応しているかどうかを確認し、規格に対応した充電器とケーブルを使う必要があります。

急速充電には「Quick Charge」「USB PD(USB Power Delivery)」「Super Charge」ほか多くの規格があります。対応機器を探すときには、まず自分の端末の機種の型番(モデル番号)から適合する機種を調べてみましょう。

急速充電器に限らず、充電器の規格表示には「V(ボルト)電圧)」「A(アンペア)電圧」「W(ワット)電力」が使われています。これは電気の単位で「電圧(V))」×「電流(A)」=「電力(W)」です。

急速充電器は多くの電気を供給できる機器ですが、多くの電流を流すにはそれに対応したケーブルが必要になります。形が合えばどれでもいいというわけでなないので、規格に合った充電器とケーブルを用意してください。

スマホの端末はiPhoneかAndroidかだけでなく、メーカーや型番(モデル番号)によっても対応している充電器が変わるので、スマホ型番の規格をよく確認してから使用しなくてなりません。

ト

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。