スマホで見つける、もっと可愛い私

【iCloud】容量があるのにバックアップできない!原因と対処法は?

【iCloud】容量があるのにバックアップできない!原因と対処法は?

iCloudを使用していると、たまに「バックアップをしてください」という通知が来ることがありますよね。

これはなんらかの理由でバックアップができていないときに来る通知です。

iCloudの容量が足りなかったり、Wi-Fiに接続できていなかったり、充電中じゃなかったり…。その理由はいろいろあります。

そこでこの記事では、iCloudのバックアップができなかったときの原因と対処法について詳しく紹介していきます。

バックアップのことで困っている人は、ぜひ最後までご覧ください!

【iCloud】バックアップの仕組みを覚えておこう!

寝ているとき、Wi-Fiに接続しながら充電していれば自動でバックアップを取ってくれる、とても便利なバックアップ機能。

そもそもiCloudのバックアップの仕組みはどんなふうになっているのか知っていますか?

実は、そのときiPhone内にあるデータを保存しているだけではないんですよ。

まずはその仕組みから見ていきましょう!

バックアップデータは3回分が保存されている

iCloudのバックアップでは、そのときのデータだけでなく、過去2回分も合わせた合計3回分のバックアップデータが常に保存されるようになっています。

このバックアップのおかげでデータの保存や復元ができるんですね。

3回分のデータ合計が使用データ量になってしまう

ただ、iCloudのバックアップでは過去3回分のデータがバックアップされるので、どうしてもデータ容量が大きくなりがちです。

そのため、全体のデータ容量が少ないと、バックアップだけでかなりの容量を占めてしまうことになります。

バックアップの対象は?

では、バックアップの対象になるデータは何なのでしょうか?

これさえ分かっていればバックアップのデータ量も減らすことができそうです。

iCloudはAppのデータやデバイスの設定、写真とビデオにはじまり、ホーム画面のAppの配置まで、とても細やかなバックアップをしてくれています。

このなかだと、写真・ビデオやゲームアプリは容量が大きくなりがちですよね。

iCloudでは過去3回分のデータがバックアップされるので、もしかするとこれらのデータが大部分を占めている可能性があります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。