スマホで見つける、もっと可愛い私

mercari(メルカリ)の販売手数料を知りたい!他社との比較も!

mercari(メルカリ)の販売手数料を知りたい!他社との比較も!

不要になった物や使わずに家で眠っている物などを、気軽に販売できるフリマアプリが「メルカリ」です。

しかし、「メルカリ」で物を売る時には必ず「販売手数料」がかかり、出品者側で負担しなければいけません。

そこで、この記事では、「メルカリ」における販売手数料の基本情報を紹介するとともに、他のフリマアプリの手数料との比較もご紹介していきます!

また、販売手数料以外にかかるその他の手数料についても説明するので、これから「メルカリ」を使う人も現在使っている人も参考にしてくださいね。

「mercari(メルカリ)」の販売手数料を知りたい!基本をおさらい!

まずは、「メルカリ」における販売手数料とはなにか、実際いくら支払う必要があるのか、などの基本情報について解説します!

「メルカリ」の販売手数料とは?

販売手数料とは、出品者側が負担する料金のことです。

手数料を払うと言っても、商品が売れた後に販売者が別で手数料を支払うわけではありません。

販売した商品が誰かによって購入された際、販売金額から販売手数料を差し引いた金額が、出品者の手元に入る仕組みになっています。

つまり、自動で差し引かれるということです。

「メルカリ」の販売手数料は10%!

販売手数料の金額はフリマアプリの種類によってまちまちなのですが、「メルカリ」の場合は10%です。

1,000円の商品が販売されている場合、購入者はそれを買うために1,000円を支払いますよね。出品者には購入者が支払った1,000円が入ってくるのではなく、そこから販売手数料の100円を差し引いた900円が手元に入ってきます。

メルカリ手数料

この販売手数料は、商品の価格を設定する時に自動で算出される仕組みになっているので、画面上に表示された金額をしっかり確認してくださいね。

また、売れた物を発送する際には送料が必要です。

メルカリは送料込みで販売金額を設定している人が多いです。その方が商品が売れやすくなるからですね!

ただし、送料込みの販売価格にすると、実質その送料にも販売手数料がかかることになります。そのため、送料と販売手数料の両方を考慮して値段設定をおこなうのがポイントです。

送料は、配送方法や商品の大きさによっても変わります。

なので、例えば商品そのものの価格が安くても、大きい商品だとその分送料が高くつきます。送料が高い商品を送料込みで発送すると、その分販売手数料もかかってしまうので、気を付けなければいけません。

販売価格を決める際、まずは自分がどれくらいの売上金を手に入れたいかを考えましょう。

その金額に必要な送料を足し、手数料10%を考慮して0.9%で割ります。こうして算出された金額を販売価格の目安にして、価格設定画面に入力するのがおすすめです!

販売価格計算手順

  1. 得たい売上金を考える
  2. 送料は算出
  3. (売上金)+(送料)÷0.9で販売価格目安を算出

購入する側は料金はかからない

販売手数料は、購入者側での負担はありません。

購入者は販売金額そのものを支払うだけでOKです。

ただし、支払い方法によっては支払手数料がかかることがあります。

例えば、クレジットカードでの支払いの場合は支払手数料は一切かかりませんが、コンビニ・銀行ATMでの振り込みだと手数料が100円必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。