スマホで見つける、もっと可愛い私

【Gmail】メールの保存期間ってある?削除対象になるのはどんな時?

【Gmail】メールの保存期間ってある?削除対象になるのはどんな時?

さまざまなメールソフトがある中、Gmailは使いやすさから非常に人気があります。

最近はやりの格安スマホや格安プランにはキャリアメールが搭載されていないものもあり、Gmailの登録をお勧めされる機会も多いはず。

そんなGmailですが、メールの保存期間はどのくらいなのでしょうか?削除対象になるパターンや削除の回避方法も併せて紹介します!

【Gmail】メールの保存期間ってあるの?

Gmailは登録が簡単で使いやすいので、パソコンだけでなくスマホユーザーにも多く使われています。

今までメーラーソフトを使っていた人にとっては、「オンラインのメールってどうなの?勝手にメールが消えちゃったりするのでは?」と不安になるかもしれません。

まずはGmailのメール保存期間についてみていきましょう。

基本的にメール・添付ファイルの保存期間は設けられていない

Gmailの場合、基本的にはメールや添付ファイルの保存期間は決められていません。なので受信フォルダや送信済フォルダに入っているメールは半永久的に残り続けるようになっています。

特にスマホの場合、キャリアメールは古いメールから勝手に削除されることがあるので、削除されないGmailは重宝しそうですね。

メールをゴミ箱に移動しない限りは削除されない

メールが勝手に削除されないのは便利な反面、全部手動で削除するのはちょっと面倒ですよね。Gmailはその不便さにもバッチリ対策されています。

Gmailのゴミ箱の保存期間は30日。つまり不要なメールはこまめにゴミ箱に移動させておけば、30日後に勝手に削除してくれます。

注意!アカウントを長く放置していると削除される可能性も

基本的には「受信フォルダに入っているメールは残り続けて、ゴミ箱に入れたメールは自動的に削除される」と理解すればOKですが、Gmailにログイン自体をせずに放置している場合は、コンテンツ自体を削除されてしまう可能性もあります。

どのような場合に削除されてしまうのか、削除されないための注意点や対策をまとめました。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。