スマホで見つける、もっと可愛い私

「Google Chromeは動作を停止しました」の対処法を解説!

「Google Chromeは動作を停止しました」の対処法を解説!

Google Chromeを使っていると、突然「Google Chromeは動作を停止しました」というエラーメッセージが表示されることがあります。

なぜ表示されるのか原因ははっきりと分かってはいませんが、いくつか対処法を試すことで症状が改善する場合もあります。

今回は、「Google Chromeは動作を停止しました」と表示された時の対処法について解説していきます!

「Google Chromeは動作を停止しました」と表示される現象とは?

まずは、「Google Chromeは動作を停止しました」と表示されるとどうなるのか確認していきましょう。

画面が突然固まりエラーメッセージが表示される

Google Chromeを起動しようとした時や、Webサイトを閲覧している時、突然「Google Chromeは動作を停止しました」というエラーメッセージが表示されることがあります。

画面が突然固まりエラーメッセージが表示される

このエラーが表示される原因は今のところはっきりとは分かっていません。

エラーになってしまうと画面が固まってしまい、マウスでクリックしてみたり、キーを押したりしてみても全く反応がないので、一度Google Chromeを再起動する必要があります。

「プログラムの終了」をクリックすると強制的に落とされる

「Google Chromeは動作を停止しました」にある「プログラムの終了」をクリックすると、強制的にGoogle Chromeが終了します。

「プログラムの終了」をクリックすると強制的に落とされる

強制終了すると、「Google Chromeで問題が発生しました。今すぐ再起動しますか?」と表示されるので、「OK」をクリックすれば再起動できます。

「OK」をクリックすれば再起動できる

再起動すると、画面上部に「ページを復元しますか?」と表示されます。

ここで「復元」をクリックすれば、強制終了前のページが復元されます。

「Google Chromeは動作を停止しました」の対処法《まずコレを試して》

「Google Chromeは動作を停止しました」と表示されるようになったら、まず以下の対処法を試して改善するか様子を見てみて下さい。

  • セキュリティソフトを停止・削除する
  • Chrome拡張機能をオフにする
  • 仮想メモリ設定を見直す
  • 見慣れないソフトがないか確認する

では、以上の4つの対処法をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

セキュリティソフトを停止・削除する

「ウイルスバスター」「ノートン」など、PCにインストールしているセキュリティソフトとの相性や設定が原因でGoogle Chromeに不具合が生じている可能性があります。

まずは、セキュリティソフトを一時的に停止させてからGoogle Chromeを再起動してみましょう。

それでもエラーが頻繁に出る場合は、他のセキュリティソフトに変更することも検討してみて下さい。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。