スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】チャンネル登録者数を非表示にする理由は?設定方法も

【YouTube】チャンネル登録者数を非表示にする理由は?設定方法も

YouTubeでは、登録者数を非表示にしているチャンネルも多くあります。

登録者数が重視されるYouTubeで非表示にするのは不思議ですよね!

実は、ただなんとなく非表示にしているのではなく、いくつかの理由があるのです。

今回はその理由と設定方法をご紹介していくので、気になった方はぜひ見てみてくださいね!

【YouTube】チャンネル登録者数を非表示にする理由が知りたい!

YouTubeでチャンネル登録者数が非表示になっているのはなぜか気になりますよね。

大半は、シンプルに「登録者数が少ないことを公開したくない」という理由が多いようです。

ではなぜ登録者数を公開したくないのでしょうか?

ここで、理由を見ていきましょう!

まずはじめに!チャンネル登録者数って?

まず、チャンネル登録者数とは、YouTubeチャンネルへ登録している視聴者の数です。

登録者数は常に更新されて、リアルタイムでチャンネルに表示されます。

質のよい映像をアップして視聴者の心を掴むことが出来れば、人気動画として認定されるので、おすすめや関連動画として紹介される機会が増え、さらにたくさんの人に登録してもらえるようになります!

登録者数が少ないとチャンネルに関心を持ってもらえない

登録者数が少ないチャンネルはどうみられていると思いますか?

「登録者数が少ないのは動画が面白くないからでは?」と想像されてスルーされる、いうことも少なくないはずです。

本当は面白い動画のはずなのに、そんな思い込みのせいで観てもらえないなんてことは避けたいですよね。

そのような余計な思い込みを持たれたくない場合は、登録者数が少ないうちは非表示にしてみるのがおすすめです!

登録者数が少ないとチャンネル登録をためらいやすい

登録者数が少ないチャンネルを登録しようとするには、よほどの理由がない限りきっかけが掴めないものです。

もし同じような内容で、登録者数が1人のチャンネルと登録者数が8000人のチャンネルなら、登録者数が8000人のチャンネルのほうを登録したくなります。

それは、たくさんの人が登録しているチャンネルなら、「もっと楽しませてくれそう!」と思う心理が働くからです。

登録者数が少ないうちは非表示にしておくと、そういった心理に邪魔されません。

妬みや嫉妬の対象になるのを防ぐ効果も

登録者数が増えてくると、登録者数をあげられないYouTuberが妬んできたり、悪質な視聴者が成功者を嫉妬して、批判するコメントや低評価をつけて妨害をすることも頻繁にあるようです。

登録者数が増えても非表示のままにしておけば、成功しているか分からないので、嫉妬からくる嫌がらせを防ぐことができます。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。