スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Pay】au PAYの使い方!カード登録できないときは?

【Apple Pay】au PAYの使い方!カード登録できないときは?

Apple Payは、さまざまなカードをApple Payへ取り込んで使用でき、持ち歩く手間を省けてとても便利です。

そんなApple Payではauのスマホ決済サービス「au PAY」も利用できます。

au PAYには専用のアプリがあるので、そちらを利用して支払いをする人も多いでしょう。

しかしApple Payにau PAYカードを取り込めば、他のカードと一緒に管理ができ、専用アプリを立ち上げずにau PAYの支払いができるのでとても便利なんです。

この記事では、Apple Payでのau PAYの使い方や、カードが登録できない場合の対処法などについて解説していきます。気になっている方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪


【Apple Pay】au PAYってなに?基本をおさらい!

au PAYの使い方を見る前に、まずはApple Payがそもそもどのようなサービスなのか、基本の情報をおさらいしておきましょう。

Apple Payが使える機種は?

Apple Payとは、iPhoneなどで簡単にスマホ決済ができるサービスのことです。

Touch IDもしくはFace IDが搭載されたiPhone・iPadであれば利用可能です。ただし、iPhone 5sは非対応機種なので注意してください。

その他、Apple Watch Series 1 以降、Touch IDが搭載されたMacなどでも利用できます。詳しくは、こちらのApple公式サイトで確認したうえで利用してください。

Apple Payはどこで使えるの?

Apple Payは多くの場所で利用可能です。

Apple Payマーク・iDマーク・QUIC Payマークなどのある店舗ならどこでも利用できます。

利用可能な店舗についての詳細は、Apple公式サイトを参照してください。

最近はオンラインショッピングを活用する人も増えているので「オンラインでもApple Payが使えるか」どうか気になる人も多いでしょう。

基本的にApple Payは、以下のようなボタンが支払い方法に表示されているショップであれば利用できます。

支払い

登録できるカードは?

Apple Payに登録できるカードは多いです。クレジットカードはもちろんのこと、交通系電子マネーやポイントカードも登録できます。

クレジットカードは、日本におけるほとんどのクレジットカード会社・銀行が発行したカード。ポイントカードにおいては、Pontaカードとdポイント。交通系電子マネーにおいては、SuicaとPASMOがそれぞれ対応しています。

最大登録可能枚数はiPhoneの機種によって異なりますが、最大で12枚までです。(iPhone 8、iPhone 8 Plus以前、Apple Watch Series 3以前のものは最大8枚まで)

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。