スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの「ウイルス感染」画面は本物?対処法・予防方法も教えます

iPhoneの「ウイルス感染」画面は本物?対処法・予防方法も教えます

アイキャッチです

iPhoneでウェブサイトを見ている時などに、いきなり「ウイルスに感染しました!」などと警告画面が表示されて困ったことはありませんか?

私達のスマホには、連絡先写真などの個人情報や、ネット銀行などへのログイン情報Apple Payに登録したSuica情報など、個人情報がたくさん入っているので、「何か盗み取られたらどうしよう」と不安になる人も多いはず。

なので今回は、この画面が本物かどうかや、慌てずに対処できる方法、そして予防方法などをまとめました。対策をしっかり行っておけばもう大丈夫!ぜひ参考にしてみてくださいね!

Contents[OPEN]


iPhoneの「ウイルス感染」どんな画面が表示されるの?

実際にいくつかパターンがある「ウイルス感染」警告画面。どのようなものかを見ていきましょう。

「警告!」系

ウェブサイトを見ている時に赤い太文字で「ウイルスを○個検出しました!」「ウイルスに感染しています」などと表示される画面です。

見慣れたAppleのロゴマークに黒と白を基調とした画面や、Apple Care+(Appleの延長保証サービス)の赤いリンゴロゴマークが表示されていることが多いです。

また、「セキュリティアップデートが必要です」や「接続の保護が必要です」などと表示され、ボタンをタップしなければ先に進めないような作りになっていることも多いです。

カウントダウン系

「警告!」系と同様ですが、あと何分の間に操作をしなければ連絡先やSIMカードが破損されるため、その前に対策しなければいけない、といったように赤字でカウントダウンされるタイプのものもあります。

0になったらどうなってしまうのだろう…とめちゃくちゃ不安になってしまう表示です。

行動を促す系

「警告!」系やカウントダウン系とほぼ同じですが、「この画面を消去するためにはこのアプリをダウンロードしてください」や、「このウイルスを除去するためにはここに電話してください」など、見た人へ行動を促すようなメッセージが表示されるのが特徴です。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。