スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchのリマインダーは詳細設定が便利!うっかり防止に

Apple Watchのリマインダーは詳細設定が便利!うっかり防止に

Apple Watchの便利な活用法として、多くの人が利用しているのがリマインダー機能です。

リマインダー機能は、やるべきことをメモにして必要なタイミングで通知してくれます。さらに、ただ通知するだけでなく、日時や場所に応じて予定を知らせることもできるんです。

この記事では、そんなApple Watchのリマインダー機能について解説します。

Apple Watchでリマインダーを操作する方法

Apple Watchはいつも腕にはめて利用するので、リマインダー機能を使うには最適なデバイスです。

まずは、基本となるリマインダーの表示方法と通知への対応方法の2つを紹介します。

Apple Watchでリマインダーを表示する

Apple Watchのロックを解除して、ホーム画面を表示しましょう。ホーム画面の中から「リマインダー」アプリを選びタップします。

リマインダーアプリ

「リマインダー」アプリが立ち上がると、「リスト」が表示されます。画面を下に向かってスクロールしましょう。

リスト

スクロールすると「すべて」と「タスク」の2つが表示されます。このうち「タスク」を選択し、タップしましょう。

タスク

設定したリマインダーと「表示オプション」の2つが表示されます。「表示オプション」を選択すると、実行済みのタスクを表示させるか非表示するか選択可能です。

Apple Watchでリマインダー通知に応答する

リマインダーの通知に応える方法を説明します。

2つのシーンで操作方法が異なるので、以下にまとめます。

通知が来たらすぐに表示する場合 リマインダーをスワイプして「実行済みにする」をタップするか、リマインダーを受信する時間を選択
あとで通知に気づいた場合 通知リストで「通知」をタップしスクロールして応える

Apple Watchでリマインダーを設定できる?

Apple Watchのリマインダーは、ペアリングしているiPhoneのほか、Apple Watchでも設定できます。

Siriを使えばリマインダーを設定できる

Apple Watchでリマインダーを設定するには、「Siri」を呼び出す必要があります。まず、Digital Crownを長押しして「Siri」を呼び出しましょう。

「Siri」が呼び出されたら「Siri」に向かってリマインドして欲しいことを言いましょう。ここでは「4時に電話をかけるのをリマインドして」とお願いしてみます。

Siriにお願いする

音声が認識され、内容が画面へ入力されます。

音声の認識

リマインダーが設定されました。

アラームの設定

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。