スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

Contents[OPEN]


ランドマーク・ピンへの経路を確認する

2つ目に紹介するのは、現在地からピンを立てたランドマークまでの経路を表示する方法です。

まずは、ピンを立てた周辺地図を表示させましょう。表示させたら、立っているピンをタップしてください。

ピン

ランドマークの詳細情報を表示する画面が開くので、画面を下へスクロールしましょう。

スクロール

交通手段を調べる

ランドマークの詳細情報画面の下には、現在地からランドマークまでの交通手段が表示されています。利用できる交通手段には、それぞれ目的地までの所要時間が表示されており、選択できます。

交通手段

ここで「車」をタップしましょう。すると、経路案内開始画面に「目的地」が表示されます。

目的地

有料道路や高速道路も選択できるので、希望する場合は「ON」に設定しましょう。

有料道路

経路案内の通知を設定する

目的地までの交通手段を選択すると経路案内開始画面が開き、選択した交通手段のボタンを押せば、経路案内が始まります。Apple Watchでは、画面だけでの経路案内になりますが、iPhoneで通知設定をすると音声でも経路案内を行えます。

音声で経路案内を行うための設定方法は、以下の通りです。

ホーム画面にある「Apple Watch」アプリを開きましょう。

Apple Watchアプリ

アプリが開いたら、画面下部のメニューにある「マイウォッチ」を選びタップします。「マイウォッチ」画面が立ち上がったら「マップ」を選択しましょう。

マップ

「マップ」画面には「案内を通知」という項目があり、その中に「車」「車(CarPlay付き)」「徒歩」「自転車」とそれぞれあるので、すべて「ON」に設定しましょう。

「ナビゲーションを表示」という項目もあり、その中に「交通機関」があるので「ON」に設定しましょう。これで、Apple Watchで経路案内を開始すると、iPhoneに反映され音声ガイドが聞けるようになります。

通知設定

【Apple Watch】登録した位置情報・住所を地図で確認する

次に紹介する機能は、友だちや知り合いなど、連絡先に登録している人の位置情報や住所を地図に表示する方法です。

連絡先に登録した住所を地図で確認する

まず、連絡先へ登録した住所を「マップ」アプリの地図に表示する方法を説明します。

連絡先はiPhoneとペアリングされているため、iPhoneで登録されている連絡先が反映されます。アプリのトップ画面に戻り「検索」をタップしましょう。

検索

「連絡先」アイコンをタップします。

連絡先

保存されている連絡先が一覧となって表示されるので、住所を地図で確認したい人を選び、タップしましょう。

連絡先の選択

選択した人の情報が開くので、下へスクロールします。

スクロール

選択した人の住所が表示されるので、タップしましょう。

住所

画面が変わったら、下へスクロールします。

スクロール

住所が地図上に表示されます。

住所の表示

友達の位置情報を登録する・調べる

つづいて、友達の位置情報の登録方法を紹介します。

ホーム画面に戻り「探す」アプリをタップしましょう。

探すアプリ

アプリが開くとすぐに、位置情報の登録されている人が表示されるので、下へスクロールします。

ト

「位置情報を共有」があるので、タップしましょう。

位置情報を共有

友達を探す方法を選びましょう。ここでは「連絡先」アイコンを選んでみます。

連絡先アイコン

連絡先が一覧で表示されるので、位置情報を登録したい友達を選び、タップします。

友だちの選択

選択した友達の電話番号が表示されるのでタップします。

電話番号

位置情報を共有する期間として3つの選択肢が表示されます。それぞれ「1時間」「明け方まで」「無期限」です。自分の希望するものを選んで下さい。

位置情報の共有期間

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。