スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

Contents[OPEN]


新しい目的地へナビを行う

新しい目的地へナビを行う方法を説明します。ナビの設定は、iPhoneの「Google アプリ」で行います。アプリを開きましょう。トップ画面上部にある検索ボックスをタップして下さい。

検索ボックス

検索ボックスに目的地の名前を入力します。候補一覧が表示されるので、お目当てのものを選びタップしましょう。

候補一覧

目的地が設定されたので、画面に表示されているメニューから「ナビ開始」を選択し、タップしましょう。

ナビ開始

iPhoneの画面上でナビが開始されます。

ナビ開始

Apple Watchに戻りましょう。

トップ画面上部に「現在の経路」があり、その下に目的地に到着する時間が表示されているのでタップして下さい。

到着時間

目的地までの経路がチェックできます。

経路の確認

ショートカットに登録した場所へナビを行う

次に紹介するのは、ショートカットに登録した場所へのナビを行う方法です。

Apple Watchの「Google マップ」アプリのトップ画面に戻りましょう。「職場」の下に、先ほど作成したショートカットが表示されているのでタップして下さい。

ショートカット

ナビを開始するためには、iPhoneの「Google マップ」アプリを開く必要があると表示されます。Phone側でアプリを起動させましょう。

iPhoneでアプリを起動

iPhoneの「Google マップ」アプリにショートカットを目的地にしたルート案内が設定されるので、メニューに表示されている「開始」をタップしましょう。

開始

ルート案内が開始されます。

ルート案内の開始

Apple Watchへ戻ります。

「現在の経路」の下に目的地へ到着する時間が表示されているので、タップしましょう。

到着時間

目的地までの経路がここで確認できます。

ルートの確認

Apple Watchの「マップ」を他のアプリと組み合わせて便利に活用しよう!

Apple Watchの「マップ」アプリは、現在地や周辺施設の検索が簡単に行えるだけでなく、目的地までの経路も分かりやすく表示してくれるので、外出する際におすすめしたいアプリです。

さらに「マップ」アプリに「探す」アプリや「Google マップ」アプリを組み合わせれば、より便利に利用できます。ぜひ、使ってみて下さいね!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。