スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple ID作成用のメールアドレスにはGmailがおすすめ!作成方法を解説!

Apple ID作成用のメールアドレスにはGmailがおすすめ!作成方法を解説!

App Store、Apple Music、iCloud、iMessage、FaceTimeなどのAppleの提供するサービスを利用するのに不可欠なのがApple IDです。

Apple IDにサインインする際に必要なのがメールアドレスですが、実はGmailがおすすめなんです。

この記事でその理由を詳しく紹介します。


Apple IDのメールアドレスにGmailは使えるの?

iPhoneやiPadなどのApple製品を利用している方ならよく知っていることですが、iOS搭載のデバイスを利用するにはApple IDが必要です。

アプリや音楽また映画などを注文してApple IDで支払いをする際に認証画面が表示されますが、「アカウント」の欄には必ずメールアドレスが表示されます。

Apple IDとメールアドレスとの間にどんな関係があるかを少し説明します。

Apple IDに使うメールアドレスとは

Apple IDをユーザー名と勘違いしている人もいますが、Apple IDはユーザー名ではありません。

Apple IDとApple IDアカウントのメールアドレスは同じものと考えて間違いありません。

Apple IDでAppleアカウントにアクセスするには、必ずメールアドレスの入力が必要です。

アカウントに関する情報をAppleが通知する際や、友達や家族との通信や情報の共有を行う際にも登録されているメールアドレスが利用されます。

Gmailも使えるよ

Apple IDに登録するメールアドレスに何を使うべきか悩む人はたくさんいます。

基本的にどのメールアドレスを使ってもApple IDに登録できますが、Gmailがおすすめなんです。

Apple ID登録用のメールアドレスにGmailを使ってみよう

iOSの端末を購入して初期設定をする際、Apple IDに加入するためにメールアドレスの登録を必ず行っているはずです。

登録しているメールアドレスをGmailに変更することは可能ですが、その前にまずApple IDにメールアドレスを登録する手順をおさらいしましょう。

ほとんどの人は1つのApple IDしか持っていませんが、Apple IDは2つ以上持つことができるので、新しいApple IDをGmailで作成することもできます。

Apple IDの作り方・手順

Apple IDの作成方法は複数あります。

ここではiOSデバイス購入時の初期設定で新規作成する際の操作手順と、iPhoneで2つ目のApple IDを作成する手順を紹介します。

デバイス購入時に新規で作成する方法

まず、初めてiOSデバイスを購入し新規でApple IDを作成する際の手順から説明します。

  1. 初期設定を進め「Apple ID」作成画面になったら「パスワードをお忘れか Apple ID をお持ちでない場合」を選択
  2. 「無料の Apple ID を作成」を選択
  3. 生年月日と名前を入力
  4. 「現在のメールアドレスを使用」を選択しGmailを入力
  5. メールアドレスの確認作業と2ファクタ認証の設定を行う

iPhoneからの作成方法

次にiPhoneから別のApple IDを作成する方法を説明します。

まずApple IDからサインアウトします。ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定アプリ

「設定」画面が立ち上がったら、画面の上部に表示されている「ユーザー名」を選択しタップしましょう。

ユーザー名

「Apple ID」画面が立ち上がるので、画面を下に向かってスクロールします。「サインアウト」が表示されているのでタップしましょう。

サインアウト

Apple IDのパスワードを入力し「オフにする」をタップします。

パスワードの入力

次の画面になったら「サインアウト」をタップしましょう。

サインアウト

「設定」画面に戻り「ユーザー名」に表示されている「iPhoneにサインイン」をタップします。

iPhoneにサインイン

「Apple IDの入力」画面が立ち上がるので、「Apple IDをお持ちでないか忘れた場合」をタップしましょう。

Apple IDの入力

ポップアップが表示されるので「Apple IDを作成」を選択しタップします。

ポップアップ

「名前と生年月日」画面が立ち上がるので記入し、「次へ」をタップしましょう。

名前と生年月日

「メールアドレス」画面が立ち上がるので、自分のGmailを入力し「次へ」をタップします。

メールアドレス

「パスワード」画面が立ち上がるので入力し、「次へ」をタップしましょう。

パスワード

「電話番号」画面が立ち上がるので、自分のスマホの番号を確認し「次へ」をタップしましょう。

電話番号

6桁の確認コードが送信されます。

6桁の確認コード

確認コードを入力しましょう。

確認コードの入力

「利用規約」画面が立ち上がるので「同意する」をタップします。

利用規約

確認ポップアップが表示されるので「同意する」をタップしましょう。

確認ポップアップ

iPhoneのパスコードを入力します。

パスコードの入力

「メールアドレスの確認」画面が立ち上がるので「メールアドレスを確認」をタップしましょう。

メールアドレスを確認

登録したGmailアドレスにメールが送信されるので、「今すぐ確認」をタップします。

今すぐ確認

「メールアドレスを確認」画面が立ち上がるので、パスワードを入力し「→」をタップしましょう。

パスワードの入力

ポップアップが表示されるので「許可する」をタップします。

ポップアップ

「Apple ID確認コード」がポップアップされるので、紙に書き留めたら「OK」をタップしましょう。

ポップアップ

確認コードを入力しましょう。

確認コードの入力

メールアドレスの確認が行われました。これで完了です。

メールアドレスの確認終了

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。