スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloudを使って消えたデータを復元しよう!やり方と注意点をご紹介

iCloudを使って消えたデータを復元しよう!やり方と注意点をご紹介

「写真」アプリに保存していた画像が突然消えてしまったことはありませんか?

大切な写真が消えてしまうとすごく焦ってしまいますよね。

でも実は、消えてしまったデータはiCloudを使えば復元ができます。

この記事では、iCloudを使って消えてしまったデータを元に戻す方法を解説するので、困っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

【iCloud】iPhoneからデータが消えた!復元できる?

iPhoneの「カメラ」アプリで撮影・保存した画像は、通常であれば勝手に端末から消えることはありません。

ですが、時には消えてしまうことがあります。

消えた時に考えられる原因は後ほど説明しますが、まずは写真や他の大切なデータがiPhoneから消えてしまった後に、復元して元に戻せるのかどうかから知っていきましょう。

iCloudをオンにしていれば復元できる

結論から言えば、消えてしまったデータを復元し元に戻すことは可能です。

ただし、条件があります。

それは、「iCloud」が「ON」に設定されていることです。「iCloud」とは、Appleのオンラインストレージのことで、Apple ID利用者は5GBまで無料で使用できます。

iPhoneの設定で「iCloud」が「ON」になっていると、iPhoneのデータが自動で「iCloud」と同期されるので、端末から特定のデータが消えてしまっても「iCloud」経由で元に戻せるんです。

それでは、「iCloud」の設定を確認する方法を説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定アプリ

「設定」画面が立ち上がったら、表示されているメニューの一番上にある「ユーザー名」を選択しタップします。

ユーザー名

「Apple ID」画面が立ち上がるので、表示されているメニューの中にある「iCloud」を選択しタップしましょう。

iCloud

「iCloud」画面が立ち上がったら、表示されているメニューの中にある「iCloudバックアップ」を選択しタップします。

iCloudバックアップ

「バックアップ」画面が立ち上がり、画面の一番上にある「バックアップ」の中に「iCloudバックアップ」があるので、「ON」になっているか確認しましょう。

iCloudバックアップ

iCloudでバックアップできるデータは限られているよ

「iCloudバックアップ」が「ON」になっていれば、iPhoneに保存されている大切なデータは自動的に「iCloud」にアップロードされますが、すべてのデータが「iCloud」でバックアップされるわけではありません。

以下に「iCloud」でバックアップ可能なデータをまとめます。

  • アプリのデータ
  • Apple Watchのバックアップ
  • デバイスの設定
  • ホーム画面とアプリの配置
  • iMessage、テキスト (SMS)、MMS メッセージ
  • 写真とビデオ
  • 音楽、映画、テレビ番組、Appブックなどの購入履歴
  • 着信音
  • Visual Voicemailのパスワード

出典:Apple 公式

iCloudを利用しているアプリは個別に設定・解除できるよ

「iCloud」でバックアップ可能なデータについて説明しましたが、限られた「iCloud」の空き容量を圧迫しないために、重要度の低いデータのバックアップを行わないように設定できたら便利ですよね。

「iCloud」を利用しているアプリは、個別にバックアップの設定や解除が行えるのでとても融通性があるんです。

設定方法を説明します。

先ほど説明した手順に従って「設定」→「ユーザー名」→「Apple ID」→「iCloud」と進みましょう。

「iCloud」画面にバックアップ可能なデータが表示されています。画面を下に向かってスクロールします。

スクロール

バックアップ可能なアプリなどがさらに表示されるので、バックアップを解除したいものすべてを「OFF」に設定しましょう。

アプリの個別設定

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。