スマホで見つける、もっと可愛い私

iCloudメールが作成・設定できないときの対処方法を5つご紹介!

iCloudメールが作成・設定できないときの対処方法を5つご紹介!

iPhoneの「メール」アプリで友達にメールを送ると、差出人のメールアドレスのドメインが「@icloud.com」になっているのを知っているでしょうか。

iPhoneユーザーはApple IDの登録の際にiCloudメールを自動で作成できるんですが、利用者の中にはiCloudメールの作成や設定が行えない人がいるようです。

iCloudメールの作成と設定ができない場合の対処法をこの記事で分かりやすく解説します。


iCloudメールを設定できない!原因は?

ト

iCloudメールとは、AppleがiOSデバイス利用者すべてに提供をしているインターネットストレージ「iCloud」のメールサービスのことです。

iOSデバイスの利用者は基本的にすべてiCloudメールを持っています。

でも、利用者の中にはiCloudメールの設定をしようとしたものの上手くいかず、未だに利用できない人もいます。

まずは、iCloudメールの作成や設定ができない場合に考えられる理由を3つ紹介します。

実はすでに設定されているメールアドレスだから

最も一般的な理由は、すでにiCloudメールが作成されデバイス内で設定されているのに、そのことに気づいていないということです。

iCloudメールは新規でiOSデバイスを購入しApple IDの登録をすると、自動的に作成され設定されます。

普通はApple IDで登録しているメールアドレスとドメインが違うだけです。

Apple IDの登録メールアドレスとは違い、iCloudメールを目にする機会があまりないために気づいていないのかもしれません。

iCloud側のエラー

別の考えられる理由は、iCloud側に何らかのトラブルが起きていることです。

iCloudメールはインターネットストレージのメールサービスなので、iCloudを管理しているサーバーに問題があるとサービスを受けることができなくなります。

Apple IDの登録時にサーバーにトラブルや障害が起き、データの受信が上手くできなかったためにiCloudメールの設定が自動で行われなかったのかもしれません。

iPhone設定の問題

iCloudメールの設定ができない原因はもう1つあります。

iPhoneの設定が正しく行われていないことです。

iCloudメールの作成と設定がサーバーで行われた後、iPhoneの「メール」アプリで利用するためにはiPhone側で設定をしなければなりません。

ところが、それがまだ行われていないためにiCloudメールが利用できないのかもしれません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。