スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTube Liveが止まる原因と対処法を解説!くるくるはこれで解決!

YouTube Liveが止まる原因と対処法を解説!くるくるはこれで解決!

Contents[OPEN]


キャッシュを削除する

キャッシュとは、一度見た画像や文章を素早く表示できるように、ブラウザ側でデータを保存してくれる機能のことです。

一見すると便利な機能ですが、キャッシュが溜まり過ぎるとブラウザが重くなり、動画の読み込みに影響する場合があります。

動作を軽くするために、キャッシュを削除しましょう。

キャッシュを削除する方法は、以下のとおりです。

キャッシュを削除する方法

  1. Chromeを開き、ウィンドウの右上にある「︙」をクリックします。
  2. 「その他のツール」の中にある「閲覧履歴を消去」をクリックします。
  3. 期限を「全期間」に変更し、「Cookie と他のサイトデータ」と「キャッシュされた画像とファイル」にチェックを入れます。
  4. 「データを消去」をクリックします。

YouTubeだけのキャッシュを削除することはできないので、注意してくださいね。

YouTube Liveが止まるときの対処法!通信環境を見直そう!

YouTube Liveを見るには、安定した通信環境が必須です。

通信環境といっても見直すべきポイントがいくつかあるので、一つずつ紹介していきます。

  • データ使用量を制限する機能は無効にして
  • モバイルデータ通信をオフにする
  • Wi-Fiのオン・オフを試す
  • ルーターの位置を変える・再起動を試す
  • Wi-Fi中継器を導入する

それでは、詳しく見ていきましょう。

データ使用量を制限する機能は無効にして

iPhoneには、「省データモード」というデータ通信を抑える機能があります。

この機能が有効になっている場合は、動画の読み込みに影響してしまいます。

省データモードを設定している場合は、無効にしましょう。

省データモードを無効にする方法は、以下のとおりです。

省データモードを無効にする方法

  1. 設定アプリを開きます。
  2. 「モバイル通信」→「通信のオプション」の順にタップしていきます。
  3. 「省データモード」をオフにします。

モバイルデータ通信をオフにする

通信制限が原因で動画が止まっているのかもしれません。

モバイルデータ通信をオフにしてWi-Fiに切り替えてみてください。

モバイルデータ通信をオフにする方法は、以下のとおりです。

モバイルデータ通信をオフにする方法

  1. 画面の上から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。
  2. 「モバイルデータ通信ボタン」をオンします(緑色になっている状態)。

Wi-Fiのオン・オフを切り替える

Wi-Fiのオン・オフ​を切り替えると電波の受信環境がリセットされ、改善されることがあります。以下の手順を参考に、Wi-Fiのオン・オフ​を切り替えてみてください。

Wi-Fiのオン・オフを試す

  1. 画面の上から下にスワイプし、コントロールセンターを開きます。
  2. 「Wi-Fiボタン」をタップしてオン・オフを切り替えます。

ルーターの位置を変える・再起動を試す

ルーターの周りに電波を遮断するものがあると、電波が弱くなってしまいます。

ルーターは、テレビやパソコンなどの機器からなるべく離れた場所に置きましょう。

また、壁際ではなく家の中心に置くのが理想です。

家の中心に置くことで、家全体にWi-Fiの電波が行きやすくなります。

ルーターの位置を変えても改善されない場合は、再起動を試してみてください。

再起動することで、ルーターが自動的に余裕のあるチャンネルに設定してくれます。

再起動するには、まずランプの点滅が終わるまで電源ボタンを押します。

ランプが消えたことを確認したら、もう一度電源ボタンを押して起動しましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。