スマホで見つける、もっと可愛い私

複数のiPhoneのバックアップをしたい!方法を紹介するよ!

複数のiPhoneのバックアップをしたい!方法を紹介するよ!

iPhoneのバックアップはPCのiTunesでできますが、1台のPCで複数のiPhoneバックアップができるのかが気になっている人も多いはずです。

複数のiPhoneを同じPCで管理するとなると、「データや設定などが上書きされないか?」「家族にデータを見られないか?」など色々気になる点も多いですよね。

そこで今回は、1台のPCで複数のiPhoneのバックアップをする方法や注意点などについて解説していきます!


複数のiPhoneのバックアップをしたい!方法は?

1台のPCで複数のiPhoneのバックアップを行う方法は、以下の2つあります。

  1. iTunesライブラリを追加する
  2. PCにアカウントを追加する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

方法①iTunesライブラリを追加する

1つ目の方法は、iTunesで2台目以降のライブラリを新たに追加するというものです。

iTunesでライブラリを追加することで、iPhoneの情報を1台ごとに管理できるようになるため、1台のPCで複数のiPhoneのバックアップを保存することができます。

別のiPhoneのバックアップをとりたい時は、iTunes上で別のライブラリに切り替えるだけで良いので手間がかかりません。

その一方で「ライブラリのデータを家族に見られる可能性がある」「どのライブラリでiTunesを起動しているか分かりにくい」といったデメリットもあるので注意が必要です。

方法②PCにアカウントを追加する

2つ目の方法は、PCにアカウントを追加するというものです。

WindowsやMacでは、1台で複数のアカウントを管理することが可能で、iPhoneの台数分アカウントを追加すれば、1台のPCで複数のiPhoneのバックアップをとれるようになります。

アカウントごとにiTunesをインストール・設定する必要があり、別のiPhoneのバックアップをとる時はアカウントを切り替えなければならないので、ライブラリを追加する方法よりは手間がかかります。

ですが、アカウントごとにiTunesライブラリやその他のデータ、PCの設定を管理できるメリットもあります。

家族で1台のPCを共有していて、家族にデータを見られたくないということであれば、こちらの方法でバックアップをとられることをおすすめします。

複数のiPhoneのバックアップをする方法《iTunesライブラリ》

まずは、iTunesライブラリを追加して複数のiPhoneのバックアップをする方法を詳しく見ていきましょう。

手順①「Shiftキー」を押したままiTunesを起動する(Macの場合「optionキー」)

iTunesで新たにライブラリを作成するには、Windowsの場合はキーボードの「Shiftキー」、Macの場合は「optionキー」を押しながらiTunesを起動します。

その時、「iTunesライブラリを選択」のポップアップが表示されるまではキーを押し続けて下さい。

途中でキーを離してしまうとiTunesが通常起動してしまいます。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。