スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTubeアプリのインストールができない!原因と対処法を紹介

YouTubeアプリのインストールができない!原因と対処法を紹介

YouTubeアプリをインストールしようした時に、入手ボタンが反応しなかったり、ダウンロードが開始しなかったり…と謎の現象が発生することがあります。

せっかく楽しみにしていたのに、インストールできないと悲しくなりますよね。何度もインストールを試している人も多いのではないでしょうか。

今回は、YouTubeアプリのインストールができない原因と対処法を紹介します。意外な見落としが原因になっているかもしれないので、一緒にチェックしていきましょう。


YouTubeアプリのインストールができない!原因は?

インストールを何度試してもエラーが表示されると、「何が原因だろう」と考え込んでしまいますよね。ここでは、考えられる原因を紹介します。

  • スマホ側に問題がある
  • スマホ内で使用しているアプリに原因がある
  • 通信環境に問題がある

それでは、詳しく見ていきましょう。

スマホ側に問題がある

スマホ側で考えられる主な原因は、「システムの不具合」と「ストレージ容量不足」です。

シャットダウンをせずに使い続けていると、何かしらの原因で不具合が発生することがあります。その場合は、再起動が有効です。再起動をしてシステムをリセットすることで、不具合が解決されることがあります。

ストレージ容量が不足している場合は、使っていないアプリや不要なデータを削除して整理しましょう。

それでも解決されない場合は、OSのバージョンや、スマホの機能制限が原因になっている可能性があります。

スマホ内で使用しているアプリに原因がある

アプリ側で考えられる主な原因は、「バックグラウンドのアプリの影響」です。

ウイルス対策アプリやクリーナーアプリなどをバックグラウンドで起動していると、YouTubeアプリのインストールを拒否してしまうことがあります。

YouTube以外のアプリでも同じ現象が起きるのなら、起動中のアプリを停止させましょう。

通信環境に問題がある

通信環境においては、「Wi-Fiの接続状況の問題」と「パケット通信の制限」の2つが考えられます。

Wi-Fiが不安定な状態で、YouTubeアプリのインストールすると、途中で止まってエラーが発生してしまうことがあります。Wi-Fi環境を見直すか、モバイル通信に切り替えましょう。

モバイル通信が不安定な場合は、各キャリアのサイトから利用中のデータ量を確認しましょう。もしかしたら、通信量が上限に達して、制限がかかっているのかもしれません。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。