スマホで見つける、もっと可愛い私

AirPods ProとAirPodsを徹底比較!機能に違いはある?

AirPods ProとAirPodsを徹底比較!機能に違いはある?

Contents[OPEN]


AirPods ProとAirPodsとの違いを比較!《操作方法》

次に、AirPods ProとAirPods(第3世代)の操作性を比較していきます。

操作方法の違いは?

AirPods ProとAirPods(第3世代)には、AirPods(第1世代)とAirPods(第2世代)にはない、「つまむ操作」機能が搭載されています。

具体的にどんな操作が行えるかを以下にまとめてみました。

AirPods Pro AirPods(第3世代)
1回タップ/つまむ:曲の再生、一時停止、電話の応答 1回タップ/つまむ:曲の再生、一時停止、電話の応答
2回タップ/つまむ:次の曲にスキップ 2回タップ/つまむ:次の曲にスキップ
3回タップ/つまむ:前の曲にスキップ 3回タップ/つまむ:前の曲にスキップ
長押し:アクティブノイズキャンセリング、外部音取り込みモードの切り替え、Siri 長押し:Siri

Siriを使う方法は?

iPhoneやApple Watchと同じように、AirPods ProもAirPods(第3世代)もSiriを使って操作できます。

先ほどの表にあるように、長押しをしてSiriを呼び出して、特定の操作をお願いできます。

また直接AirPodsに向かって「Hey Siri」と呼びかけ操作をお願いすることも可能です。状況に応じて使い分けられるので便利ですね。

AirPods ProとAirPodsとの違いを比較!《バッテリー》

iPhoneやApple Watchなどと同じように、AirPodsもリチウムイオンバッテリーを使っている機器です。そのため、外出時に充電せずにどれだけ使用できるかは、バッテリー性能に大きく左右されます。

AirPodsの購入を考えているなら、AirPods ProとAirPods(第3世代)との間にどれほどバッテリー性能の差があるかをチェックしておきましょう。

バッテリーの持ちの違いは?

まずは、それぞれのAirPodsをマックスに充電した場合、どれほどの時間駆動できるかから見ていきます。

AirPods Pro AirPods(第3世代)
1回の充電で最大4.5時間の再生時間(アクティブノイズキャンセリングと外部音取り込みモードをオフにした場合は最大5時間) 1回の充電で最大6時間の再生時間(空間オーディオを有効にした場合は最大5時間)
1回の充電で最大3.5時間の連続通話時間 1回の充電で最大4時間の連続通話時間

上の表を見ると、バッテリーの駆動時間はAirPods(第3世代)の方がAirPods Proよりも優れていることが分かりますね。

【急速充電をした場合】再生・連続通話時間の違いは?

急速充電をした場合、AirPods ProとAirPods(第3世代)でバッテリーの駆動時間にどれほどの差が出るかチェックします。以下に5分間の急速充電をした場合のバッテリーの駆動時間をまとめてみました。

AirPods Pro AirPods(第3世代)
充電ケースでの5分間の急速充電で約1時間の再生時間 充電ケースでの5分間の急速充電で約1時間の再生時間
充電ケースでの5分間の急速充電で約1時間の連続通話時間 充電ケースでの5分間の急速充電で約1時間の連続通話時間

急速充電をした場合には、バッテリーの駆動時間に関してAirPods ProとAirPods(第3世代)の間に違いはないことが分かりますね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。