スマホで見つける、もっと可愛い私

Instagramで使える5つの検索方法を解説!複数検索・履歴の削除も紹介

Instagramで使える5つの検索方法を解説!複数検索・履歴の削除も紹介

Contents[OPEN]


Instagramの検索をしても出てこないときは

Instagramでキーワードやハッシュタグなどで検索をしても、探したい投稿やアカウントが検索結果に出てこない場合は、以下の原因が考えられます。

  • 通信環境が不安定
  • ユーザーネームの入力ミス
  • 相手が非公開のアカウントでフォローしていない
  • ブロックしている・されている
  • 相手がアカウントを削除・一時停止した
  • Instagram上に存在していないキーワードで検索している
  • アプリ・端末の不具合

それぞれ詳しく見ていきましょう。

通信環境が不安定

Instagramはオンライン上のサービスなので、インターネットへの接続が必須です。

インターネットの接続が不安定または切断されていることにより、検索できていない可能性があります。

その場合は、電波状態が良好な場所に移動する、安定した別の通信回線に接続するなどして、通信環境を改善してから再度検索してみてください。

ユーザーネームの入力ミス

特定のアカウントを検索するとき、入力したユーザーネームに間違いがあると対象のアカウントが検索結果に表示されません。

入力ミスに気を付けながらユーザーネームを再度入力・検索してみましょう。

正確なユーザーネームが思い出せない場合は、相手のアカウント名で検索して出てくるか試してみてください。

それでも出ない場合は、相手がユーザーネームを変更したか、相手がアカウントを削除した、相手にブロックされているなど他に原因があると思われます。

相手が非公開のアカウントでフォローしていない

非公開アカウントの投稿は、そのアカウントをフォローしていないと検索結果には表示されません。

Instagramでアカウントを非公開にすると、フォロワー以外は投稿が閲覧できなくなるためです。ただし、アカウントの検索結果にはフォローしていなくても表示されます。

名前やユーザーネームを入力してアカウント検索すれば検索結果に表示されます。

アカウントをタップすればプロフィール画面にアクセスできますが、相手をフォローしていなければ「このアカウントは非公開です」と表示され、投稿を閲覧することはできません。

ブロックしている・されている

検索対象のアカウントがヒットしないのは、その相手をブロックしている、もしくは相手にブロックされているのが原因かもしれません。

Instagramで相手にブロックされると、ブロックされた側は正しいユーザーネームや名前を入力して検索しても、検索結果にその相手のアカウントは出てきません。

逆に、自分が相手をブロックしている場合も検索結果に表示されません。

誤ってブロックしていることに気付かずに検索している可能性もあるので、一度ブロックリストを確認してみましょう。

相手がアカウントを削除・一時停止した

相手がアカウントを削除・一時停止した場合も、ブロックした・されたときと同様に正しいユーザーネームや名前を入力しても検索結果には表示されません。

この場合は、相手がInstagramの利用を再開するまで待つしかありません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。