スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】ベッドタイムを使おう♡iOS 14以降の利用方法も

【iPhone】ベッドタイムを使おう♡iOS 14以降の利用方法も

iPhoneに標準搭載されている「時計」アプリには、睡眠時間の記録や分析が行える「ベッドタイム」という機能が備わっています。

規則正しい睡眠をとるのに役立つ便利な機能ですが、iOS 14ではベッドタイムの機能が廃止されています。

ですが、iOS 14以降のiPhoneでも別のアプリを使って睡眠を管理することが可能です。

今回は、iPhoneでベッドタイムを使う方法、iOS 14以降で睡眠を管理する方法について解説していきます!

【iPhone】「時計」アプリのベッドタイムって知ってる?

iPhoneの標準アプリの「時計」には、「ベッドタイム」という機能が備わっています。

まずは、ベッドタイムとはどのような機能なのか詳しく見ていきましょう。

「ベッドタイム」ってどんな機能?

「ベッドタイム」とは睡眠時間を記録・分析できる機能のことで、iPhoneに最初からインストールされている「時計」アプリで利用できます。

ベットタイム

ベッドタイムで起床時間と睡眠時間を設定しておけば、設定した就寝時間が近づいてきた時にリマインダーで通知が届き、起床時間になるとアラームで起こしてくれます。

また、睡眠時間や就寝・起床時間は自動的に記録され、時計アプリで履歴を確認することができます。

履歴を確認すればきちんと睡眠時間を確保できているか、スケジュール通りに就寝・起床ができているかが見返せるので、生活リズムが不規則になりがちな方におすすめの機能です。

ベッドタイムが使える条件は?

「時計」アプリに備わっているベッドタイムの機能を使うには、iPhoneにiOS 10~13がインストールされている必要があります。

iOS 9以前・iOS 14以降がインストールされているiPhoneの「時計」アプリにはベッドタイムの機能が備わっていません。

【iOS 14以降】ヘルスケアアプリ・Apple Watchで睡眠を管理できるよ

先ほども説明した通り、「時計」アプリのベッドタイムの機能は、iOS 10~13がインストールされているiPhoneでないと利用できません。

しかし、iOS 14以降がインストールされているiPhoneであれば、「ヘルスケア」アプリで睡眠時間を記録・分析することができます。

ヘルスケアアプリ

また、Apple WatchとiOS 14以降のiPhoneをペアリングすれば、Apple Watchを使って日々の睡眠を管理することも可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。