スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDの残高の使い方♡入金から購入できるものまで紹介♪

Apple IDの残高の使い方♡入金から購入できるものまで紹介♪

Apple IDの残高の使い方♡購入できるのはこれ♪

Apple IDの残高は本人がAppleの商品やサービスを購入する場合にだけ利用できる、ストアクレジットであることが分かりましたよね。

ここからは、Apple IDの残高で購入できる、Appleのサービスや商品にどんなものがあるかを紹介します。

アプリゲーム・音楽・本・映画などの購入

Apple IDの残高で購入できるものには、「App Store」の有料アプリやゲーム、「iTunes Store」の音楽や映画、「Apple Books」の本などがあります。

Apple Musicなどのサブスクリプションの支払い

Apple IDの残高を利用できるAppleのサービスには、Apple Music、Apple Arcade、Apple TV+などのサブスクリプションがあります。

通常はApple IDに紐付けられているクレジットカードを使って毎月お金が引き落とされますが、Apple IDの残高でも支払いができるので、iTunesカードをたくさんプレゼントされたなら利用しない手はないですよ。

Apple Store Appでの買い物

Apple IDの残高を使う別の方法は「Apple Store」アプリの買い物です。

「Apple Store」アプリを使えば、Appleの公式ページで販売されているすべての商品の購入ができます。

AirPods、MagSafe対応レザーケース、AirTag、HomePod miniなどのAppleアクセサリをApple IDの残高で購入できます。

もちろん、SimフリーのiPhoneやiPad、MacやApple Watchなども購入できますよ。

iCloudのストレージの支払い

実は、Apple IDの残高には、もう1つ使い道があります。

それは、iCloudのストレージの支払いです。

皆さんのほとんどは、「iCloud +」のアップグレードをして月額130円(50GB)、400円(200GB)、1,300円(2TB)のどれかを払っているはずです。

クレジットカードからの引き落としではなく、Apple IDの残高を使って支払えれば効率よくApple IDの残高を減らせますよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。