スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】AirDropで動画・画像が送れない!解決法を紹介

【iPhone】AirDropで動画・画像が送れない!解決法を紹介

Contents[OPEN]

AirDropで動画・画像が送れないときの対処法《iPhoneからMac》

iPhoneからMacへAirDropを使って動画・画像が送れない場合は、さらに以下の対処法を試してみて下さい。

  • MacのAirDrop設定を確認
  • Macのセキュリティ設定を確認

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

MacのAirDrop設定を確認

AirDropを使ってiPhoneからMacへ動画・画像が送れない時は、まず受信側のMacのAirDrop設定を確認してみましょう。

受信側で「受信しない」に設定されていると、どのデバイスからもAirDrop経由でファイルを受信できなくなります。

連絡先に登録されているデバイスから受信したい場合は「連絡先のみ」、登録されていないデバイスから受信したい場合は「全員」に設定を変更して下さい。

操作手順

  1. 「Finder」を開く。
  2. 左サイドバーで「AirDrop」をクリック。
  3. 「このMacを検出可能な相手」をクリック。
  4. 「連絡先のみ」または「全員」を選択。

これで設定完了です。

Macのセキュリティ設定を確認

MacのAirDrop設定を見直しても送れない場合は、Macのセキュリティ設定をチェックしてみましょう。

操作手順

  1. 画面左上のAppleのロゴをクリック。
  2. 「システム環境設定」をクリック。
  3. セキュリティとプライバシー」をクリック。
  4. 「ファイアウォール」タブをクリック。
  5. 左下に表示されているカギのアイコンをクリック。
  6. Macの管理者パスワードを入力。
  7. 「ファイアウォールオプション」をクリック。
  8. 「外部からの接続をすべてブロック」にチェックが入っていた場合は、チェックを外す。

これで設定完了です。

サイドバーにAirDropが表示されないときは?

Finderのサイドバーに「AirDrop」が表示されなくて受信設定を変更できない時は、サイドバーの表示設定を開いて「AirDrop」にチェックが入っているか確認しましょう。

操作手順

  1. 「Finder」を開く。
  2. 画面上部のメニューバーで「Finder」をクリック。
  3. 「環境設定」をクリック。
  4. 「サイドバー」のタブをクリック。
  5. 「サイドバーに表示する項目」で「AirDrop」のチェックが外れている場合は、クリックしてチェックを入れる。

チェックを入れたら、サイドバーに「AirDrop」が表示されます。

「サイドバーに表示する項目」に「AirDrop」がない場合、そのMacはAirdropに対応していないので、AirDropを使ってファイルを受信できません。

AirDropで動画・画像が送れないときの対処法《いろいろなトラブル》

最後に、「送信先の相手が表示されない」「待機中のまま動かない」などのトラブルで動画・画像が送れない時の対処法について解説していきます。

AirDropで相手が表示されないときは?

AirDropで動画・画像を送ろうとしても、送信先の相手が表示されない場合があります。

相手が表示されない場合、以下が原因として考えられます。

  • Wi-Fi・Bluetoothの両方の設定がオンになっていない
  • 送信側と受信側の端末の距離が離れている
  • 相手のAirDropの受信設定に問題がある

まずは、相手のWi-Fi・Bluetoothの設定が両方オンになっているか、お互いの端末が9mの範囲内にあるか確認します。

それでも表示されない場合は、受信側の端末でAirDropの受信設定を確認しましょう。

受信側の端末で「受信しない」に設定されているとAirDropが使えないので、送信側の端末には表示されません。

「受信しない」に設定されていた場合は、以下のいずれかの設定に変更する必要があります。

  • 連絡先のみ:受信側の「連絡先」アプリに送信側の連絡先が登録されている場合
  • すべての人:受信側の「連絡先」アプリに送信側の連絡先が登録されていない場合

「送信側の連絡先」とは、送信側のApple IDに紐づけられている電話番号・メールアドレスのことを指します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。