スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Payを機種変更したい♡残高が引き継ぎできないときの対処法も解説

Apple Payを機種変更したい♡残高が引き継ぎできないときの対処法も解説

Apple Payに登録したクレジットカードや交通系ICのデータは、機種変更した時に新しいスマホへ引き継げるのか気になっている方も多いと思います。

そこで今回は、スマホを機種変更した時のApple Payの引き継ぎ方法、引き継ぎできない時の対処法について解説していきます!

Contents[OPEN]


【Apple Pay】機種変更するとデータや残高はどうなるの?

スマホを機種変更した時、Apple Payに登録したクレジットカードや交通系ICのデータや残高がどうなるのか、確認していきましょう。

機種変更してもデータ・残高が消えることはないよ

Apple Payに追加されているクレジットカードや交通系IC(Suica・PASMO)などのデータ・残高は、機種変更しても消えることはありません。

クレジットカードのデータは、iPhone同士の機種変更ならそのまま移行できるので、新iPhoneで1枚1枚カード情報を入力して追加し直す必要もないです。

交通系ICも、残高をそのまま新端末へ移行して公共交通機関やショッピングで使うことができます。

Android・iOS間でもデータ移行ができるので安心して

Android・iOS間だとデータ移行ができないサービスが多いですが、交通系IC(Suica・PASMO)は、異なるOS間でも残高などのデータをそのまま移行することができます。

旧端末でSuica・PASMOのデータをサーバーに退避させたあと、新端末でSuica・PASMOを再設定すれば、サーバーからデータを受け取れます。

クレジットカードのデータはiPhoneからiPhoneへ機種変更した時のみ移行可能なので、異なるOS間で機種変更した場合は、新端末で1枚1枚カード情報を入力して追加する必要があります。

【Apple Pay】機種変更で新iPhoneにクレジットカードを移行する方法

まずは、iPhone同士の機種変更で新iPhoneにクレジットカードを移行する方法を見ていきましょう。

引き継ぎたいカードを選んでセキュリティコードを入力しよう

旧iPhoneのApple Payに登録されているクレジットカードは、同じApple IDにサインインするだけで簡単に新iPhoneのApple Payへ引き継ぐことができます。

旧iPhoneと同じApple IDでサインインしたあと、新iPhoneで「ウォレット」アプリを開くと、旧iPhoneに登録されているクレジットカード(最大4枚まで)が表示されます。

そこで新iPhoneに引き継ぎたいカードをタップしたあと、カードに記載されているセキュリティコード(3桁または4桁の数字)を入力すれば引き継ぎが完了します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。