スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple IDへ電話番号を追加・変更する方法!セキュリティ強化に役立てよう

Apple IDへ電話番号を追加・変更する方法!セキュリティ強化に役立てよう

Contents[OPEN]


Apple IDへ自分以外の電話番号も追加・変更できる

Apple IDでは自分の電話番号だけでなく、家族や友人など他人の電話番号の追加・変更も可能です。

なぜ自分以外の電話番号を登録するの?

Apple IDへ家族や親しい友人など自分以外の電話番号を登録しておくと、その電話番号でも2ファクタ認証の確認コードを受け取れるようになります。

紛失・盗難・故障などによって自分のiPhoneが使えなくなったとしても、他の人のiPhoneを使ってApple IDへサインインすることが可能です。

また、Apple IDのパスワードを忘れてサインインできない場合のパスワードリセットにも使用できます。

1つしか電話番号が設定されていないと、その電話番号が使えなくなったときの復旧手続きに手間がかかって非常に面倒ですが、事前に自分以外の電話番号も登録しておけば、ひとまずその電話番号を使ってサインインやアカウントの復旧が行えるので安心です。

自分以外の電話番号を追加・変更する方法

自分以外の電話番号をApple IDへ追加する場合は、電話番号の持ち主が近くにいるときに以下の手順で電話番号を追加して下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 一番上に表示されているApple IDをタップ。
  3. 「パスワードとセキュリティ」をタップ。
  4. 「信頼できる電話番号」の「編集」をタップ。
  5. 「信頼できる電話番号を追加」をタップ。
  6. iPhone・iPadのパスコードを入力。
  7. Apple IDへ追加したい自分以外の電話番号を入力。
  8. 確認コードの受け取り方法を選択したら、画面右上の「送信」をタップ。
  9. 入力した電話番号へ届く確認コードを入力。

これで、追加完了です。

すでに自分以外の電話番号が追加されている状態で、別の人の電話番号へ変更したい場合は、新しい電話番号を追加したあと、不要になった電話番号の「-」ボタンをタップして削除して下さい。

「Apple IDの電話番号を確認してください」がきたら登録変更するべき?

Apple IDへサインインしているデバイスを使っていると、突然「Apple IDの電話番号を確認してください」という警告が表示されることがあります。

この警告が表示されると、電話番号の登録を変更すべきか迷ってしまいますが、ここでは「Apple IDの電話番号を確認してください」の意味や表示された際の対処法について解説していきます。

「Apple IDの電話番号を確認してください」の意味

「Apple IDの電話番号を確認してください」という警告は、Apple IDへ登録されている電話番号が長期間変更されていない場合などに表示されます。

「Apple IDの電話番号を確認してください」

これはあくまでも「Apple IDの電話番号が正しいかどうか?」の確認であって、Apple IDへ不正アクセスがあった、アカウント情報が勝手に変更されたときに表示されるわけではありません。

「Apple IDの電話番号を確認してください」への対処法

「Apple IDの電話番号を確認してください」と表示された場合は、まず「設定」アプリを開いて「Apple IDの電話番号を確認してください」をタップして下さい。

表示された電話番号を現在も使用している場合は「+81 XXXX-XXXX-XXXX(現在登録されている電話番号)の使用を続ける」をタップしましょう。

Apple IDで登録されているのとは異なる電話番号を使用している場合は、「信頼できる電話番号を変更」をタップして、現在使用している電話番号へ変更して下さい。

そうすれば「Apple IDの電話番号を確認してください」の警告は表示されなくなります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。