スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】認証バッジは一般人でも付くの?申請方法を解説

【Instagram】認証バッジは一般人でも付くの?申請方法を解説

Instagramには、アカウント名の横に「認証バッジ」が表示されているものもありますよね?

認証バッジが付いているのは、芸能人など有名なアカウントが多いと感じている方も多いのではないでしょうか。

今回は、一般人が認証バッジを申請・取得できるのかについて解説していきます。

Contents[OPEN]

【Instagram】「認証バッジ」は一般人でももらえる?

この記事をご覧になっている方の中には「そもそも認証バッジって何?」という方もいると思います。

まずは、認証バッジについてご紹介しますね。

「認証バッジ」ってなに?

認証バッジとは、Instagramが認めたアカウントにだけ与えるマークです。

認証バッジは、以下のように表示されます。

Instagram 認証バッジ 表示例

その名の通り、Instagramに申請してアカウントが「認証」されると表示できるようになります。

では、一体どうすれば、Instagramにアカウントを認証してもらえるのでしょうか?

「認証バッジ」が付く条件は?

Instagramに認証してもらうには、以下ような条件をクリアする必要があります。

  • 実在している人物やビジネス、組織のアカウントである
  • 個人やビジネスで認証を受けられるのは、言語ごとにアカウントを作成している場合を除き「1つだけ」と限られている(例:○○ショップが認証を受けられるのは1つのアカウントだけ)
  • 自己紹介やプロフィールの画像、投稿などが全体に公開されている(アクティブに投稿などしている)
  • アカウントがよく検索されたり、広く知られている
  • アカウントで個人やブランド、そして組織などを表し、正しい情報を発信している など

Instagramでは、複数のニュースなどで取り挙げられているアカウントが審査されています。

注意点

  • 有料で提供されているコンテンツや広告として提供されているコンテンツは、審査の対象になりません。

認証バッジを獲得するために、虚偽や誤解の含まれる情報を提供していた場合は、以下のような措置がとられることもあるためご注意ください。

  • 認証バッジの取り消し
  • アカウントの削除

有名であることも必要条件

クリアする必要のある条件を一言で表すと、アカウントが有名である必要があります。

有名度合いを審査する基準については、公式で詳しく公開されていません。

しかし、有名なアカウントは必然的に検索される回数やニュースなどで取り上げられることも多くなります。

ですから、申請前に自分のアカウントが必要条件をクリアしているか確認されることをオススメします。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。