スマホで見つける、もっと可愛い私

TikTokで年齢の確認はできる?間違えて登録したときの対処法を解説

TikTokで年齢の確認はできる?間違えて登録したときの対処法を解説

TikTokに年齢確認機能が実装されました。

ですが、中にはTikTokの年齢確認を適当に登録してしまった!という方も多いのではないでしょうか。

実は、TikTokには年齢制限があるので、間違って登録した場合はアカウントが使えなくなってしまうこともあるんです。

それでは、TikTokで間違って年齢を登録してしまったとき、どうすればいいのでしょうか?

詳しい対処法や、TikTokの年齢制限について詳しく紹介していきます!

【TikTok】年齢変更はできる?

TikTokを登録する時に、年齢確認として生年月日を入力したかと思います。

また、以前からTikTokを使用している方にも、生年月日を記入するように求められたと思います。

実は、TikTokは2021年2月4日より年齢確認が必須になりました。

しかし、もし間違えた年齢を登録してしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

年齢変更の機能は今のところない

残念ながら、今のところTikTokに年齢の変更をする機能はありません。

年齢を間違ってしまっても、自分で修正することは不可能なようです。

そのため、年齢を適当に設定することはもちろん、ミスタップにも注意する必要があります。

また、嘘の年齢が運営側に見つかってしまった場合、アカウントが使用できなくなる可能性があります。

最悪の場合、アカウントが削除されることもあるので、十分注意しましょう。

初回登録のときに正しく登録しよう

年齢確認は、最初の登録で正しく記入することが大切です。

TikTokから生年月日の記入を求められた時は、面倒でも適当に登録してはいけません。

TikTokでは、年齢を自分で申告するだけで、証明する書類を提出するように求められることはありません。

ですが、だからと言って誤った情報を記載すると、TikTokを利用できなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

TikTokは、個人情報の漏えいに関して最善の注意を払っていますし、今までも情報が漏洩したなどというトラブルはありません。

生年月日を登録するのに抵抗のある方もいると思いますが、きちんと登録しないとTikTokを利用できなくなるので注意しましょう。

【TikTok】年齢変更はできない!間違えて登録した場合は?

TikTokでは、一度年齢を登録してしまうと、そのあと変更ができなくなるようです。

ですが、万が一適当に登録してしまったり、うっかり間違えてしまった場合はどうすればいいのでしょうか。

そのような場合は、どうすればいいのでしょうか?

ここでは、TikTokで間違えて登録をしてしまった場合の、具体的な対処法を紹介します!

年齢を間違えたらアカウントを追加しよう

もし年齢を間違えて登録してしまった場合は、アカウントを新しく追加するしか方法はありません。

もともと登録していたアカウントで正しく年齢を登録してあるのであれば、そのアカウントを主に使用するようにしましょう。

1つしかアカウントを持っていないのであれば、新しくアカウントを登録する必要があります。

TikTokでは「電話番号・メールアドレス」「LINE」「Apple」「Twitter」「Google」など、全部で5つの登録方法があるので、新しいアカウントも作りやすくなっています。

すでに作ったアカウントとは別の登録方法で新規登録をすると、簡単に新規アカウントを作成できますよ。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。