スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterで「このアカウントは一時的に制限されています」と出る理由は?対処法も解説!

Twitterで「このアカウントは一時的に制限されています」と出る理由は?対処法も解説!

Twitterを利用していて、「このアカウントは一時的に制限されています」と表示されたことはありませんか?

このメッセージが表示されたら、具体的に「なにが起きているのか?」「制限されているのは自分なのか、相手なのか?」と疑問に感じることも多いでしょう。

そこで今回は、「このアカウントは一時的に制限されています」と出る原因や対処法をご紹介していきます!

ぜひ参考にしてみてくださいね!

この記事でわかること

  • 「このアカウントは一時的に制限されています」とは?
  • 「このアカウントは一時的に制限されています」と表示される原因
  • 「このアカウントは一時的に制限されています」と表示された場合の対処法

Twitterの「このアカウントは一時的に制限されています」とは?

Twitterを利用していて、「このアカウントは一時的に制限されています」と自分のアカウントに表示されたり、そのようなメッセージが表示されているアカウントを見たという人は多いでしょう。

では、そもそも「このアカウントは一時的に制限されています」と表示されると、どのようなことが起こるのでしょうか?

「このアカウントは一時的に制限されています」ってなに?

「このアカウントは一時的に制限されています」って何?

Twitterで表示される「このアカウントは一時的に制限されています」とは、アカウントの一部の機能が一時的に制限されている時に表示されるメッセージのことです。

スパムと疑われるような操作やルールに違反する言動などがある場合に、アカウントの機能が制限されてしまいます。

アカウントが制限されるにはいくつかの原因がある

「このアカウントは一時的に制限されています」と表示される原因はいくつかあり、表示されるメッセージもそれぞれ異なります。

主な原因は以下の2つが挙げられます。

  • ルール違反
  • 不審な操作

ルール違反が原因でアカウントが制限されている場合は、

注意:このアカウントは一時的に制限されています。Twitterルールに違反している可能性があるアカウントです。表示してもよろしいですか?

と表示され、Twitterの一部の機能が使えなくなってしまいます。

不審な操作が原因でアカウントが制限されている場合、

注意:このアカウントは一時的に制限されています。不審な操作(不審な行為)が確認されているアカウントです。表示してもよろしいですか?」

と表示され、この場合もTwitterの一部の機能が使えなくなってしまいます。

なお、具体的にどのような操作をすると不審な操作だと疑われるのか、どのような行為がルール違反にあたるのかについては、後半で詳しく解説していくのでチェックしてみて下さい。

自分のアカウントがロックされているわけではない

他のユーザーのアカウントを見に行ったとき、「このアカウントは一時的に制限されています」と表示されると、「もしかして自分のアカウントが制限されたのかな?」と心配になってしまう人も多いでしょう。

ですが、他のユーザーのアカウントでこのような表示が出るのは、あなたが不審な操作をしたり、Twitterルールに違反してアカウントに制限がかけられているわけではありません。

そのアカウントに何かしらの原因があって制限がかけられているだけで、あなたの運用方法には関係ないので安心してください。

「プロフィールを表示する」で見ることができる

「プロフィールを表示する」で見ることができる

機能を一時的に制限されているアカウントにアクセスすると、「注意:このアカウントは一時的に制限されています。不審な操作が確認されているアカウントです。表示してもよろしいですか?」と最初に表示されます。

このときは、ツイートやプロフィールが一切閲覧できない状態になっていますが、「プロフィールを表示する」をクリックすれば、過去のツイートやプロフィールを閲覧できます。

ただ、ツイートやプロフィールを閲覧できるのは、そのアカウントをフォローしているアカウントのみに限られるので注意してください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。