スマホで見つける、もっと可愛い私

「Apple Music Replay」を使い方を解説するよ!再生履歴で履歴を振り返る方法

「Apple Music Replay」を使い方を解説するよ!再生履歴で履歴を振り返る方法

「Apple Musicで自分がどんな曲を聴いたのか再生履歴を知りたい!」

そんな時に便利なのが、「Apple Music Replay」という機能です。

その年によく聴いた曲をランキング形式でまとめてくれるんです。

また、過去の年にさかのぼってランキングを作成し、友達に共有することもできます。

この記事で使い方を詳しくご紹介していくので、ぜひ試してみてくださいね!


「Apple Music Replay」って知ってる?

「Apple Music Replay」は、Apple Musicで音楽を楽しんでいる人には嬉しいサービスです。

「Apple Music Replay」とは

「Apple Music Replay」は、1年間に自分がApple musicで聴いた曲のトップ100をランキング形式でプレイリストにまとめてくれるというもの。

曲のランキングや再生回数の他にも、再生したアーティストの数や、アーティストごとの再生時間を確認することもできます。

プレイリストは友達やSNSに共有したりもできますよ。

2015年以降、サブスクリプションに登録した年からの履歴をさかのぼって集計してくれるので、懐かしい曲のプレイリストも聴くことができます。

仕組み・カウント方法について

Apple Musicで聴いた曲の履歴からランキングが作られています。

基本的には再生回数で集計されますが、曲、アーティスト、アルバムの再生時間なども考慮して総合的にランキングが作成されます。

曲は最後まで聴いた時点で1回とカウントされる飛ばしてしまうしまうとランキングに反映されません。

今年聴いた曲のランキングも毎週更新されるので、週ごとに最新のランキングを確認することができますよ。

「Apple Music Replay」を始めよう

「Apple Music Replay」は、自動的にはApple Musicのプレイリストに追加されません。

「Apple Music Replay」にApple IDでサインインすることによってApple Musicのプレイリストに追加され、リプレイを確認できるようになりますよ。

年毎のリプレイを作成するためには、まずウェブ上の「Apple Music Replay」にApple IDでサインインしましょう。

「Apple Music Replay」を使うための条件は?

「Apple Music Replay」を使うためには、Apple musicの有料のサブスクリプション登録が必要です。

有料会員になっていれば、無料のお試し期間中でもその年のランキングを見ることができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。