スマホで見つける、もっと可愛い私

Google フォトの危険性を知って安全に写真を保存・共有しよう!設定方法を解説

Google フォトの危険性を知って安全に写真を保存・共有しよう!設定方法を解説

Contents[OPEN]


【Google フォト】位置情報がバレる危険性

Google フォトの危険性を高めるものは、共有機能だけではありません。

写真に記載される位置情報も危険性を高めます。

写真が撮影された位置情報が見えてしまうと、閲覧者は撮影者の足跡をたどることができるため、撮影者の自宅を突き止められる危険性が高まります。

写真から位置情報がバレる可能性があるよ

共有アルバムで位置情報を共有する設定をしている場合、共有を許可されたユーザーがアルバムの写真情報を開くと、撮影された写真の位置情報が表示されます。

この記事で紹介したように、自分の知らない間に共有を許可したユーザーが勝手に他のユーザーにアルバムを共有していったら、第三者に写真の撮影場所が分かり足跡をたどられて、自宅を突き止められてしまう可能性が大きくなります。

それでまず、写真の撮影場所を共有しないように設定をしましょう。

やり方を説明します。

共有アルバムを開き「…」→「オプション」と進んでください。「オプション」画面のメニューの中に「写真の撮影場所を共有する」があるので「OFF」に設定しましょう。

撮影場所の共有をオフ

位置情報は削除して使おう

Google フォトに同期されている写真には、写真の撮影場所が表示されているものと表示されていないものの2つがあります。

写真の撮影場所がすでに表示されている写真は、スマホの「カメラ」アプリが「位置情報サービス」と連携しているもので、Google フォトで編集や削除は行えません。

撮影場所の削除は不可能

写真の撮影場所が表示されていないものは、スマホの「カメラ」アプリが「位置情報サービス」と連携していないものです。

この場合は、Google フォトで撮影場所の追加や削除が行えます。

そのため、Google フォトに同期されている写真の位置情報を削除するには、2つの操作が必要になります。

まずスマホの「カメラ」アプリと「位置情報サービス」の連携を解除すること、そしてもう1つは、手動で追加した撮影場所を削除することです。

これから、それぞれの操作手順を説明します。

位置情報サービスとの連携を解除する方法

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

「設定」アプリ

「設定」画面が立ち上がったら、画面を下に向かってスクロールしてください。

スクロール

メニューの中に「プライバシー」があるので選択しタップしましょう。

プライバシー

「プライバシー」画面になったら、メニューの一番上に表示されている「位置情報サービス」を選択しタップしてください。

位置情報サービス

「位置情報サービス」画面になったら、画面を下に向かってスクロールしましょう。

スクロール

メニューの中に「カメラ」があるので選択しタップしてください。

カメラ

「位置情報の利用を許可」がメニューにあるので、その中にある「許可しない」に「✔」を入れましょう。

許可しない

位置情報は削除する方法

次に、撮影場所を手動で追加した写真の位置情報を削除するやり方を説明します。

位置情報を削除したい写真を選択しタップしましょう。編集画面が立ち上がるので、画面の右上に表示されている「…」をタップしてください。

その他アイコン

メニューが表示されるので、下に向かってスクロールしましょう。

スクロール

写真の撮影場所が表示されているので、右隅にある「鉛筆」アイコンをタップしてください。

「鉛筆」アイコン

「撮影場所を削除」をタップしましょう。

撮影場所を削除

情報を変更して使えばバレても安心

写真の撮影場所を削除するか、あるいは共有しないように設定すれば、誰も写真をどこで撮影したかを特定できなくなるので、危険性はかなり減少します。

もし写真に写っているものから撮影場所を特定されることが心配なら、撮影場所を変更して、そこで撮ったかのように見せる方法もあります。

先ほどの「撮影場所の編集」画面に、撮影場所を入力して保存すれば完了です。

位置情報の変更

【Google フォト】アカウント凍結の危険性

Google フォトの危険性の中には、Google フォトに同期されている写真や動画の内容によってGoogle アカウントが凍結されるリスクも高まります。

どんなコンテンツが写真や動画に含まれていると、Google アカウントが凍結されてしまうのでしょうか。

写真が「性的」だと判断されると凍結されるかも

Googleでは提供するサービスの利用規約が定められていますが、この利用規約はGoogle フォトにも適用されます。

「Google 利用規約」の中には、「ユーザーコンテンツの削除」という項目があります。

その中には「児童ポルノ、人身売買または嫌がらせを助長するコンテンツ、テロに関するコンテンツ、および他者の知的所有権を侵害するコンテンツなどGoogleに損害を与える可能性があると合理的に確信できるものは一部または全部を削除する権限を有します」とあります。

そして、「ユーザーの行動がGoogleに損害を与えたり、法的責任を発生させたりした場合はアカウントの削除や停止を行う」とも書かれています。

特に、性描写に関するコンテンツには注意しましょう。

出典:Google 利用規約

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。