スマホで見つける、もっと可愛い私

【iTunes】お支払い方法の「なし」とは?決済方法を変更する方法を解説!

【iTunes】お支払い方法の「なし」とは?決済方法を変更する方法を解説!

App StoreやiTunes Storeで有料アプリ・コンテンツを購入するためにApple IDで支払い方法を設定している人も多いと思いますが、支払い方法は「なし」に変更することもできます。

実は、ある条件を満たしていれば、クレジットカードやキャリア決済の情報を登録しなくても決済することが可能です。

今回は、App StoreやiTunes Storeで支払い方法を「なし」に変更する方法と、できないときの対処法について解説していきます!


【iTunes】お支払い方法の「なし」ってなに?

まずはApp StoreやiTunes Storeでの、お支払い方法の「なし」とは一体何なのか、改めておさらいしておきましょう。

App Store・iTunes Storeの決済方法の1つ

お支払い方法の「なし」とは、App Store・iTunes Storeの決済方法の1つです。

お支払い方法の「なし」

App Store・iTunes Storeの決済方法には以下の3種類あります。

  • クレジットカード・デビットカード
  • 携帯キャリア決済
  • なし

App Store・iTunes Storeの決済方法はApple IDで設定します。

有料アプリの購入やアプリ内課金、音楽や映画などの有料コンテンツを購入する際には、ここで設定した決済方法が使われます。

「なし」にしても残高があれば決済ができる

支払い方法を「なし」にしていてもApple IDの残高があれば、その残高の範囲内で有料アプリやコンテンツの購入の決済が可能です。

Apple IDの残高は、コンビニやスーパーなどで販売されている「App Store & iTunesギフトカード」を使ってチャージできます。

App Store & iTunesギフトカード

ちなみに、クレジットカードやキャリア決済の情報を登録している場合でも、Apple IDに残高があれば残高の方が優先的に使用されます。

【iTunes】お支払い方法を「なし」のままApple IDを作る

Apple IDの作成方法は、「デバイスの設定から作成する方法」「App Storeから作成する方法」などいくつかあります。

Apple IDの作成時は基本的に支払い方法の設定が必要ですが、実はある方法なら支払い方法を「なし」のまま作成することが可能です。

Apple IDの作成に必要なものは?

お支払い方法を「なし」のままApple IDを作成するのに必要なものは以下の通りです。

  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 氏名
  • 生年月日

ここで入力したメールアドレスはそのままApple IDになります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。