スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】アプリをインストールできない・入手に戻るときの対処法

【iPhone】アプリをインストールできない・入手に戻るときの対処法


iOSのアップデート

iOSのバージョンが古すぎることによって、アプリがインストールできない場合もあります。

iOSは、最新バージョンで使用することが推奨されていますし、iOSをアップデートすることで不具合が解消されることもあります。

まずは、以下の手順でiOSのアップデートが可能か確認してみましょう。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。

「ソフトウェア・アップデート」をタップ

「ダウンロードとインストール」または「今すぐインストール」と表示された場合は、アップデートが可能です。

「ダウンロードとインストール」または「今すぐインストール」をタップ

アップデートには時間がかかるので、時間に余裕があるときに以下の準備をした上でアップデートを実行してください。

  • iCloudやiTunesでiPhoneのバックアップをとっておく
  • 電波状態が安定しているWi-Fiへ接続する
  • iPhoneを電源に接続しておく
  • ストレージの空き容量を十分に確保しておく

「コンテンツとプライバシーの制限」を見直す

App Store自体が見つからないことでアプリをインストールできない場合、スクリーンタイムの「コンテンツとプライバシーの制限」でアプリのインストールに制限がかかっている可能性が高いです。

「コンテンツとプライバシーの制限」を見直す

インストールに制限をかけると、ホーム画面からApp Storeが消えてアクセスできなくなります。

AppライブラリやSpotlight検索で「App Store」と入力しても検索結果には表示されません。

そのため、以下の手順で「コンテンツとプライバシーの制限」を開き、インストールに制限がかかっていないか確認してみましょう。

まずは、「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「スクリーンタイム」をタップしましょう。

「スクリーンタイム」をタップ

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップしてください。

「コンテンツとプライバシーの制限」をタップ

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップします。

「iTunesおよびApp Storeでの購入」をタップ

「インストール」が「許可しない」になっている場合は、「インストール」をタップしましょう。

「インストール」をタップ

「許可」をタップしてください。

「許可」をタップ

これで、設定完了です。

ホーム画面に戻ってApp Storeが復元されたか確認しましょう。

「日付と時刻」の自動設定をオン

iPhoneの「日付と時刻」の設定と、実際の日付・時刻にズレが生じていると、App Storeからアプリをインストールできない場合があります。

「日付と時刻」の「自動設定」がオフになっているとズレが生じてしまうことがあるので、以下の手順で「自動設定」がオンになっているか確認しましょう。

まずは、「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「日付と時刻」をタップしてください。

「日付と時刻」をタップ

「自動設定」がオフになっている場合は、スイッチをタップしてオンへ切り替えます。

「自動設定」をオン

これで、設定完了です。

ストレージの容量を空ける

iPhoneのストレージの空き容量に余裕がないことにより、アプリをインストールできない場合があります。

アプリをインストールしたい場合は、アプリの容量の1.5倍~2倍のストレージ容量を確保しておく必要があるので、以下の手順でストレージ容量の使用状況を確認してみましょう。

まずは、「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「iPhoneストレージ」をタップしてください。

「iPhoneストレージ」をタップ

すると、ストレージの使用状況が表示されます。

ストレージの使用状況が表示

空き容量が残り少ない場合は「不要なデータやアプリを削除する」や「アプリのキャッシュを削除する」などして、空き容量を増やしてください。

【iPhone】アプリをインストールできない・入手に戻る!アプリへの対処法

App Storeや起動中のアプリが原因でインストールできない・入手に戻る不具合が起きることもあります。

スマホへの対処法を試してもダメなら、次は以下の対処法を試してみましょう。

  • App Storeからのサインアウト・サインインをする
  • 使用中のアプリを終了する

App Storeからのサインアウト・サインインをする

App Storeの認証に何らかの問題が発生していることにより、アプリのインストールができないケースもあります。

この場合は、一度App Storeからサインアウトし、再度サインインすることで解決する可能性が高いです。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 自分の名前をタップ。
  3. 「サインアウト」をタップ。
  4. Apple IDのパスワードを入力したら、画面上の「オフにする」をタップ(「iPhoneを探す」がオンになっている場合)。
  5. iPhoneに残すデータのスイッチをオンにしたら、画面右上の「サインアウト」をタップ。
  6. 確認画面が表示されたら、もう一度「サインアウト」をタップ。
  7. サインアウトが完了したら、「iPhoneにサインイン」をタップ。
  8. Apple IDとパスワードを入力してサインイン。

App Storeにサインインできたら、再度App Storeを起動してアプリをインストールできるか試してみましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。