スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchのカレンダーアプリを使おう♪不具合の対処法も紹介

Apple Watchのカレンダーアプリを使おう♪不具合の対処法も紹介

Apple Watchは、iPhoneを取り出さなくてもiPhoneのアプリを操作できるのでとても便利です。

今回おすすめしたいのは「カレンダー」アプリです。

実は、「カレンダー」をApple Watchで操作できると毎日の生産性が向上するんです。

そこで今回は、Apple Watchの「カレンダー」アプリの使い方と不具合の対処法を詳しく解説します。

Contents[OPEN]

Apple Watchのカレンダーはどうやって使うの?

iPhoneに標準インストールされている「カレンダー」アプリは、スケジュール管理アプリとして大変優れていますが、Apple Watchとペアリングすれば追加したイベントなどの一括管理だけでなく、リマインダー通知も行えるのでとても便利です。

この記事ではApple Watchの「カレンダー」アプリの使い方を紹介していきますが、その前にApple Watchの「カレンダー」アプリの特徴を簡単におさらいしていきましょう。

Apple Watchには1週間以内の予定が表示されるよ

iPhoneの「カレンダー」アプリの内容は、Apple Watchの「カレンダー」アプリに反映されるので、iPhoneの「カレンダー」アプリで追加したイベントなどの詳細情報はApple Watchの「カレンダー」アプリで確認と管理が行えます。

ただし、Apple Watch上に表示できるのは、1週間以内の予定だけです。

仕事用など「選択したカレンダー」のみの表示もOK

Apple Watchの「カレンダー」アプリには、カレンダーを選択して表示する機能が付いています。

デフォルトの設定では「自宅」「職場」「家族」など、すべてのカレンダーが一緒に表示されるようになっていますが、設定を変更すれば「職場」のカレンダーのみ表示させられます。

プライベートのカレンダーと仕事専用のカレンダーを区別したいと考えている人にはおすすめですよ。

カレンダーの選択

Apple Watchのカレンダー表示を切り替える方法

Apple Watchの「カレンダー」アプリの基本情報をおさらいしたので、ここからは、実際に「カレンダー」アプリを開き、どんなことが行えるかを紹介していきます。

最初に紹介するのは、「カレンダー」アプリの表示を変更する操作方法です。

Apple Watchの基本操作と一緒に説明しますね。

日付表示

最初に紹介するのは、「カレンダー」アプリを「日付表示」に変更する方法です。

Apple WatchのDigital Crownを押しましょう。

文字盤

パスコードを入力する画面が立ち上がるので、4桁のパスコードを入力してください。

パスコードの入力

ロックが解除されたら再び文字盤が表示されるので、もう一度Digital Crownを押しましょう。

文字盤

ホーム画面が立ち上がるので、蜂の巣のようにレイアウトされたアプリの中から「設定」アプリを選択しタップしてください。

「設定」アプリ

「設定」画面になったら、画面を下に向かってスクロールしましょう。

スクロール

メニューの中に「カレンダー」があるので選択しタップしてください。

カレンダー

「表示オプション」が表示されるので、「日」を選択しましょう。

表示オプション

ホーム画面に戻り、「カレンダー」アプリを選択しタップしてください。

「カレンダー」アプリ

「カレンダー」アプリの表示が「日付表示」に変更されました。

日付表示

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。