スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Meetのブレイクアウト ルーム・セッションを解説

Google Meetのブレイクアウト ルーム・セッションを解説

Contents[OPEN]


サポートのリクエストをする

何らかの不都合が生じたときなど、ブレイクアウト セッション中に助けが必要になったときには、パソコンでは画面右上、モバイルでは右下のメニューにある「サポートをリクエスト」を選択できます。

問題が解決したなど助けが必要ではなくなった場合には「サポートのリクエストをキャンセル」を選択します。

現時点ではダイヤルインしたユーザーは、サポートのリクエストはできません。

他のセッションに参加する

管理者は、メンバーを別のセッションに移動することができます。

移動されると画面に新しいメッセージが表示され、「参加」を選択すると移動先のセッションに切り替わります。

セッションからの退出をする

セッションから退出する場合には、パソコンの画面上部にある「メインセッションに戻る」を選択します。

管理者がセッションを終了すると、メインに戻ることを知らせるメッセージが届くので、このメッセージをクリックもしくはタップするか、自動で戻るまで待ちます。

【Google Meet】ブレイクアウト セッションの注意点《管理者》

ブレイクアウト セッションを活用する際には、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか。

オンラインミーティングを開催するときに知っておきたい注意点について紹介します。

Google Meetを使う前に参加者の割り振りはできない

Google Meetを起動する前には、ブレイクアウトセッションを作成して、メンバーのグループ分けをすることはできないので注意しましょう。

Google Meetに未参加の人は割り振りできない

Google Meetを利用したミーティングに出席予定ではあるけれど、まだ参加したことのない人をブレイクアウト セッションに割り振ることはできません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。