スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Meetのブレイクアウト ルーム・セッションを解説

Google Meetのブレイクアウト ルーム・セッションを解説

Contents[OPEN]


個人を複数のブレイクアウト セッションへ設定はできない

1人のメンバーを複数のブレイクアウト セッションに割り振ることはできませんが、飛び入り出席者をグループに割り当てることができるほか、ミーティングの途中でも参加メンバーを別のセッションに移動することができます。

主催者はそれぞれの小部屋に入ることができるので、その場の状況に応じて対応することが可能です。

退出後の参加者のやり取りは確認できない

主催者はブレイクアウト ルームを自由に移動できますが、自身が退出した後に参加メンバー同士がやりとりしたチャット メッセージを閲覧することはできません。

【Google Meet】ブレイクアウト セッションの注意点《全般》

ここでは、オンラインミーティングでブレイクアウト セッションに参加する際に注意したい点をご紹介します。

チャットのログは作れないよ

Google Meetのブレイクアウト セッションでは、チャットのログは作成されません。

管理者であっても、退出後にはチャットの内容を見ることはできません。

録画・ライブ配信はできない

Google Meetのオンラインミーティングのブレイクアウト セッションでは、録画や配信をすることはできません。

ブレイクアウト ルームを活用して大人数の会議も快適に

多くの人が集うオンラインミーティングや講義では、特定の人ばかりが話しをしてしまい、ほとんどの人はただ聴くだけという状況になりがちです。

活発な意見交換や有効な提案を行うには、グループ分けをしてその内容をまとめる時間も必要になることでしょう。

Google Meetでは、そんなときに便利なブレイクアウト ルームが利用できます。

その機能を事前に知っておくことで、大人数のオンラインミーティングも安心して開催でき、有意義な意見交換ができるようになりそうです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。