スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】画面録画に内部音が入らないのはなぜ?原因と対処法

【iPhone】画面録画に内部音が入らないのはなぜ?原因と対処法

iPhoneの画面に表示される内容を録画し、動画ファイルとして端末へ保存できる機能が「画面録画」です。

オンラインゲームやルート案内などを「画面録画」で録画し、WEBサイトなどにアップしている人がたくさんいるので、みなさんもご存じですよね?

「画面録画」は、iOS 11以降を搭載したiPhoneがあれば利用できますが、録画時に内部音が入らないケースがあるようです。

この記事では、その原因と対処法について詳しく解説します。

【iPhone】画面録画の基本!内部音声が入らないワケ

iPhoneの「画面録画」で取り込める音声は、外部音声と内部音声の大きく2種類があります。

内部音声とは

「画面録画」の内部音声とは、録画しているアプリから流れる音のことです。

例えば、ゲームアプリを「画面録画」で録画すると、iPhoneの画面上で展開されるゲームがBGMや操作音と共に録画されるので、録画を視聴すると、あたかも自分が今プレイしているような臨場感を味わえます。

BGMや操作音は、ゲームアプリから流される音声ですが、この音声が内部音声と呼ばれるものです。

すべてのアプリで内部音声を録音できるわけではない

注意したいのは「画面録画」を使えば、iPhoneの画面に表示される動く画像を音声と一緒に録画して取り込めますが、どんなアプリでも内部音声を取り込めるわけではないということです。

動画配信アプリの場合、画像や音声はすべて著作権によって保護されているため、内部音声が取り込めないものがたくさんあります。

また、ビデオ通話アプリや電話アプリの場合、会話の内容が録音されるとプライバシーの侵害行為とみなされるため、内部音声が取り込めないことがあります。

内部音声録音ができないアプリの例

以下のようなアプリでは、内部音声が取り込めません。

音声通話・ビデオ通話アプリ 動画配信・音楽配信・ラジオアプリ
LINEアプリ(音声通話) TVerアプリ
Zoomアプリ Abema TVアプリ
Skypeアプリ radikoアプリ
Facetimeアプリ Apple Musicアプリ
Google Duoアプリ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。