スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

「iPadに連絡先を同期したい」というときは、いくつかの方法が使えます。

今回の記事では、iPadにいろんな連絡先を同期する方法やメリット・注意点などを詳しくご紹介します。

Contents[OPEN]


iPadに連絡先を同期する方法は4つ!

複数のデバイスに異なる連絡先があると、いざ「あの人に連絡したい!」と思ってもスムーズにできないことがありますよね。

そんなときは、複数のデバイスに入っている連絡先を全てiPadに共有しておくと、すぐに確認ができるのでおすすめです。

iPadに連絡先を同期できる方法は主に4つです。

1つずつ見ていきましょう。

iCloudを使って連絡先を同期する

iPadに連絡先を同期させる最も一般的で確実な方法は、Appleのインターネットクラウドである「iCloud」で同期させる方法です。

Apple製品の購入者であれば誰でも「iCloud」利用できるので、同じApple製品の間で連絡先を同期するには最適な方法ですよ。

iTunesを使って連絡先を同期する

iPadに連絡先を同期させる別の方法は、「iTunes」アプリを使って行う方法です。

Windowsを搭載したPCでApple製品のデータのバックアップを作成するのに使用するソフトウェアが「iTunes」です。

「iCloud」での同期方法を比べ少し手間がかかりますが、操作はとても簡単なので同期をスムーズに行えますよ。

AirDropで連絡先を同期する

3つ目の方法は、「AirDrop」を使って同期する方法です。

「AirDrop」は、iPhoneやiPadなどのApple製品間で写真、ビデオ、ファイル、連絡先などを無線で瞬時に共有できる機能です。

新しく追加された連絡先を個別に同期するのに最適な方法が「AirDrop」です。

データ転送ソフトを使って連絡先を同期する

4つ目の方法は、連絡先などのデータを共有する専用ソフトウェアを使って同期する方法です。

ソフトウェアの中には有料のものと無料のものがありますが、この記事では無料で利用できるソフトウェアを3つ紹介します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。