スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

Contents[OPEN]


iTunesを使って連絡先を同期する方法

「iTunes」で連絡先の同期を行う方法を説明します。

まずiPhoneとPCをUSBケーブルで繋ぎ、「iTunes」を立ち上げましょう。

画面の左上に「iPhone」アイコンが表示されるのでクリックしてください。

「iPhone」アイコン

画面の左メニューの中にある「情報」をクリックしましょう。

画面の右側にメニューが表示されるので、「連絡先の同期先」に「✔」を入れ「適用」をクリックしましょう。

連絡先の同期

iPhoneからLightningケーブルを外してiPadに挿入し、「iPad」アイコンをクリックしてください。

画面の左メニューの中にある「情報」をクリックしましょう。

画面の右側にメニューが表示されるので、「連絡先の同期先」に「✔」を入れ「適用」をクリックしましょう。

これでiPadに連絡先が同期されます。

連絡先の同期

iTunesを使って連絡先を同期する時の注意事項

iTunesを使って連絡先を同期する時の注意事項も以下の2つがあります。

  • 同期するタイミングが重要
  • 誤作動に注意

詳しくみていきましょう。

同期のタイミングによって情報に誤差が生じるかも

「iTunes」で連絡先の同期を行う際に、気をつけるべきことがあります。

同期するタイミングが悪いと正しく同期できず、iPhoneとiPadの間で情報の誤差が生じる場合があります。

同期するタイミングの善し悪しは誰にも分からないので、心配なら「iCloud」での同期をおすすめします。

誤操作による連絡先の消失に注意!

「iTunes」で連絡先の同期を行う際に、気をつけるべきことがもう1つあります。

クリックすべきでないボタンをクリックしたため、大切な連絡先のデータが消えてなくなってしまうというトラブルが発生しやすいということです。

操作をする前に必ずダブルチェックするようにしてください。

iPadに連絡先を同期する方法【AirDrop】

次に取り上げるのは、「AirDrop」で連絡先の同期を行う方法です。

AirDropを使って連絡先を同期するメリット

「AirDrop」で連絡先を同期するメリットは、個別に連絡先を同期するのに都合がいいことです。

新しい連絡先を追加した後、すべての連絡先の更新をせずにピンポイントで必要な連絡先の共有だけを行えるのは、「AirDrop」の強みです。

AirDropを使って連絡先を同期する方法①《AirDropの設定方法》

「AirDrop」を使って同期を行うには設定を行う必要があるので、「AirDrop」の設定方法をする必要があります。

iPad、iPhoneの順番で設定方法を紹介します。

iPadのAirDrop設定方法

「設定」アプリを開いたら、「一般」を左メニューの中から選択しタップしましょう。

画面の右側にメニューが表示されるので、「AirDrop」を選択しタップしてください。

AirDrop

「すべての人」を選択し「✔」を入れましょう。

すべての人

iPhoneのAirDrop設定方法

「設定」アプリを開いたら、画面を下に向かってスクロールしましょう。

スクロール

「一般」を選択しタップしてください。

一般

「AirDrop」を選択しタップしましょう。

AirDrop

「すべての人」を選択し「✔」を入れましょう。

すべての人

AirDropを使って連絡先を同期する方法②《連絡先を同期する方法》

AirDropの設定方法が分かったら、連絡先を同期していきましょう。

まず、iPhoneのホーム画面にある「電話」アプリをタップして開きましょう。

「電話」アプリ

同期したい連絡先を1つ選びタップしてください。

連絡先の選択

選択した連絡先が表示されるので、「連絡先を送信」を選択しタップしましょう。

連絡先を送信

共有方法を選択するためのメニューが表示されるので、「AirDrop」を選択しタップしてください。

AirDrop

連絡先の同期先であるiPadが表示されるのでタップしましょう。

iPad

iPadに同期された連絡先が表示されるので、「保存」をタップしましょう。

これで完了です。

保存

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。