スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

iPadにいろんな連絡先を同期する方法!それぞれのメリットと注意点も

Contents[OPEN]


AirDropを使って連絡先を同期する時の注意事項

「AirDrop」は無線を使ってデータを同期する機能です。

そのため、AirDropを使うには、Bluetooth・Wi-Fi通信範囲内にいなければなりません!

iPadに連絡先を同期するためのソフトを紹介

次に取り上げるのは、連絡先を共有する専門ソフトウェアを使ってiPadに連絡先を共有する方法です。

3つのソフトを紹介します。

AnyTrans

最初に紹介するのは「AnyTrans」です。

以下のリンクにアクセスして「AnyTrans」をインストールしましょう。

「AnyTrans」がインストールできたら、iPhoneとiPadの両方をUSBケーブルでPCに接続します。

トップ画面にiPhoneが表示されるのでタップしましょう。

トップ画面

iPhoneとiPadの両方が表示され、両方とも認識されていることが確認できます。

画面の左メニューの中にある「その他」アイコンをクリックしましょう。

「その他」アイコン

「連絡先」をクリックしたら「すべてを選択」に「✔」を入れ、「デバイスへ」をクリックしましょう。

これで連絡先がiPadに同期されます。

同期

PhoneTrans

次に紹介するのは「PhoneTrans」です。

以下のリンクにアクセスして「PhoneTrans」をインストールしましょう。

「PhoneTrans」がインストールできたら、iPhoneとiPadの両方をUSBケーブルでPCに接続します。

トップ画面に表示されている「クイック転送」を選択して「開始」をクリックしましょう。

クイック転送

iPhoneが左側、iPadが右側に表示されます。

もし逆なら「切り替え」をクリックしてください。

確認できたら「転送」をクリックしましょう。

転送

「連絡先」に「✔」が入っていることを確認したら、「転送開始」をクリックしましょう。

これでiPadに連絡先が同期されます。

転送開始

FoneTrans

3番目に紹介するのは「FoneTrans」です。

以下のリンクにアクセスして「FoneTrans」をインストールしましょう。

「PhoneTrans」がインストールできたら、iPhoneとiPadの両方をUSBケーブルでPCに接続します。

トップ画面に表示されている「スマホからスマホへ」を選択しクリックしましょう。

スマホからスマホへ

画面の左側にiPhoneが表示され、中央に同期するデータの選択メニューが表示されているので「連絡先」に「✔」入れます。

画面の右側に表示されている端末をクリックしましょう。

同期データの選択

プルダウンメニューが表示されるので、同期先を「iPad」に設定します。

同期先の選択

「スタート」をクリックすれば同期が始まります。

スタート

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。