スマホで見つける、もっと可愛い私

SafariでWebサイトを開く方法!アプリが開くときの対処法も

SafariでWebサイトを開く方法!アプリが開くときの対処法も

iPhoneには「Safari」というブラウザアプリがあり、Web検索やサイトを閲覧する場合は「Safari」アプリからできます。

今までは誰でも使いやすい仕様でしたが、iOS 15ではデザインや機能に手が加えられ、操作方法が少し複雑になりました。

そこでこの記事では、「Safari」ブラウザでWebサイトを開く方法とWebサイトを閲覧しているときにアプリが開いてしまうときの対処法を詳しく紹介していきます。


SafariアプリでWebサイトを開く方法

iPhoneを長年使っている人であれば、すでに「Safari」ブラウザの使い方はマスターしているのではないでしょうか?

ただ、最近iPhoneを使い始めた方などは、最新iOSがリリースされて「Safari」ブラウザのデザインや操作方法が変わったこともあり、「使い方がイマイチ分からない…」と思うこともあるはずです。

そこでまずは、「Safari」ブラウザでWebサイトを開く方法を解説していきます。

アプリからWebサイトを開く方法

「Safari」ブラウザアプリでWebサイトを開く基本操作を紹介します。

ホーム画面のドックに「Safari」アプリがあるのでタップして開きましょう。

「Safari」アプリ

検索画面が立ち上がるので、画面上部にある検索ボックスに閲覧したいWebサイトの関連ワードを入力してください。

関連ワードの入力

入力した関連ワードに関係のある候補一覧が表示されるので、該当するものを選択しタップしましょう。

候補一覧

お目当てのWebサイトが表示されるのでタップしましょう。

Webサイトのリンク

Webサイトが表示されました。

Webサイト

Webサイトの閲覧中にできること

次は、「Safari」アプリで表示できたWebサイトを閲覧しながら「Safari」アプリでどんなことができるかをご紹介します。

閲覧しているWebページを「お気に入り」に追加

「Safari」アプリには「お気に入り」機能が付いています。

気になるWebページを「お気に入り」に追加すれば、すぐにそのページを開くことができる便利な機能です。

「お気に入り」の追加方法を説明します。

今開いているWebページの画面下部に「共有」タブが表示されているのでタップしてください。

「共有」タブ

メニューが表示されるので、上に向かってスワイプしメニュー全体を表示させましょう。

スワイプ

表示されるメニューの中に「お気に入りに追加」があるので選択しタップしてください。

お気に入りに追加

「お気に入りに追加」画面が立ち上がるので「保存」をタップしましょう。

保存

Webサイトが「お気に入り」に追加され表示されるようになりました。

お気に入りの追加

マルチタスク画面の表示

Web検索をしていると、いろいろなWebページを立ち上げていきますよね。

立ち上がったすべてのWebページをすべて表示させる方法を紹介します。

「Safari」の画面下に「2枚の重なった紙」で表示されたタブがあるのでタップしましょう。

マルチタスクタブ

マルチタスク画面が立ち上がり、開かれているすべてのWebページが表示されます。

マルチタスク画面

webページの翻訳

Webページの中には英語や他の言語で表示されるものもありますよね。

iOS 15で「Safari」アプリに追加された機能の中には、Webページの翻訳機能も含まれているんです。

操作方法を説明します。今開いているWebページの画面上部にあるURLフィールドの左隅に「ぁあ」と表示されているのでタップしましょう。

URLフィールド

メニューがプルダウンされるので、「Webサイトを翻訳」を選択しタップしてください。

プルダウンメニュー

ポップアップが表示されるので、翻訳して欲しい言語を選択しタップしましょう。

ポップアップ

Webページが選択した言語に翻訳されました。

翻訳

ツールバーの非表示

Webページには普通ツールバー、つまりURLフィールドが画面上部に表示されますが、煩わしい場合は非表示にできます。

先ほどの「ぁあ」をタップしてプルダウンメニューを表示させましょう。

メニューの中に「ツールバーを非表示」があるので選択しタップしてください。

プルダウンメニュー

ツールバーが非表示になりました。

ツールバーの非表示

プライバシーレポートの表示

iOS 14から「Safari」に追加された新機能が「プライバシーレポート」です。

ユーザーをトラッカーから守るために、トラッカーの活動が抑止された件数などを表示してくれます。

先ほどの「ぁあ」をタップしてプルダウンメニューを表示させましょう。

メニューの中に「プライバシーレポート」があるので選択しタップしてください。

プルダウンメニュー

「プライバシーレポート」が表示されました。

プライバシーレポート

Webサイトの設定

「Safari」には、訪問しているWebサイトの設定を行える機能も付いています。

先ほどの「ぁあ」をタップして、プルダウンメニューを表示させましょう。

メニューの中に「Webサイトの設定」があるので選択しタップしてください。

プルダウンメニュー

訪問しているWebサイトの設定メニューが表示されます。

必要な設定を行いましょう。

設定メニュー

タブバーを画面下に表示

画面の上に表示されているURLフィールド、つまりタブバーを画面の下に表示させられます。

先ほどの「ぁあ」をタップしてプルダウンメニューを表示させましょう。

メニューの中に「下のタブバーを表示」があるので選択しタップしてください。

プルダウンメニュー

タブバーが画面の下部に表示されました。

タブバー

使用中のアプリからSafariブラウザを開く方法

Appleの製品のMac、iPhone、iPadはすべて「Safari」が標準ブラウザアプリとしてデフォルトで設定されています。

ですがたまに、「メール」アプリやSNSアプリに添付されているリンクをタップすると、「Safari」ブラウザではなく別のブラウザが立ち上がることがあるようです。

次は、そんなときに「Safari」ブラウザアプリでWebページを表示する方法を紹介します。

アドレスバーにURLを入力して開く

ここでは例として「LINE」アプリと「Chrome」ブラウザアプリを使って説明します。

「LINE」アプリに送信されたメッセージのリンクをタップします。

リンク

「Chrome」ブラウザアプリでWebページが表示されるので、URLを長押ししましょう。

長押し

「コピー」が表示されるのでタップします。

コピー

「Safari」アプリを起動させ、URLフィールドを長押ししましょう。

メニューが表示されるので「ペースト」をタップしてください。

ペースト

URLフィールドにWebページのURLが貼り付けられるので、仮想キーボードの「開く」キーをタップしましょう。

開く

Webページが「Safari」アプリで表示されました。

Safariアプリ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。