スマホで見つける、もっと可愛い私

YouTubeのショート動画を検索する方法!普通の動画と何が違うの?

YouTubeのショート動画を検索する方法!普通の動画と何が違うの?

YouTubeでは、TikTokやインスタのリールのような縦向きのショート動画を投稿・視聴できます。

ショート動画は2021年に導入されたばかりの新しいサービスなので、「ショート動画は普通の動画とどう違うのか分からない」「どうやってショート動画を探せばいいのか分からない」という方も多いのはないでしょうか?

今回は、YouTubeのショート動画を検索する方法や普通の動画との違いについて解説していきます!


YouTubeのショート動画とは?

まずは、YouTubeの「ショート動画」とは、そもそもどんなサービスなのか基本を改めておさらいしておきましょう!

縦向き・最大60秒までの動画

YouTubeの「ショート動画」とは、縦向き・最大60秒までの動画をアップロード・視聴できるサービスです。

縦向き・最大60秒までの動画

60秒以内の縦動画をアップロードすれば、自動的にショート動画としてチャンネルに公開されます。

縦向き・最大60秒までの動画

アップロードは普通の動画と同様にスマホ・タブレット・PCから行えますが、スマホのYouTubeアプリの「ショート動画を作成」をタップすれば動画の撮影から編集・アップロードまで行えます。

「ショート動画を作成」をタップ

本格的な動画編集を行わなくても、スマホ1つで気軽にショート動画を投稿できます。

TikTokやインスタのリールに似ている

YouTubeの「ショート動画」は、TikTokやインスタのリールと似たようなサービスなので、TikTokやインスタを利用している方なら想像しやすいかもしれません。

TikTokやインスタのリールに似ている

  • TikTok:縦向き・最大10分までの動画をアップロードできる
  • インスタのリール:縦向き・最大90秒までの動画をアップロードできる

最大再生時間はそれぞれ異なりますが、縦向きで動画が投稿される点は共通しています。

ショート動画・普通の動画との違い

ショート動画と普通の動画との違いについてですが、明確に異なるのは「画面の向き」と「再生時間」の2つのみです。

ショート動画では縦向き・最大60秒までの動画しか投稿できないので、動画を横向き表示にしたり、60秒を超える動画を投稿したりすることはできません。

ですが、以下のようなそれ以外の部分に関しては普通の動画と基本的には変わりありません。

  • 高評価・低評価を付ける
  • コメントを投稿できる
  • 動画を他のSNSや友達とシェアする

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。